shadow

prev

next

写真

UPDATE

生き別れた父と娘が25年ぶりに再会を果たす切なくて心が温かくなる映画『あいあい傘』。父を探しに田舎町を訪れた娘・さつきに恋をする清太郎を演じた市原。真っ直ぐで仲間思いの清太郎は市原と通じるところがある。役作りや作品への思いを語ってくれた。

角のないやわらかな人たちの優しい物語

写真

―― 「芝居をするのが楽しいだけではなく、現場に行くのが楽しみだったんですよ」と、旧友を懐かしむような優しい微笑みを浮かべ、映画のフライヤーに目をやる市原。25年ぶりの父と娘の再会を描いた『あいあい傘』は、深い愛情と優しさがスクリーンからあふれている映画だ。

「脚本を読んだときから、とてもピュアで温かい心をもった登場人物たちに惹かれました。なんていうんだろう、角がなくてやわらかいんです、みんな。僕が演じた清太郎も、その人が犯した罪は恨むけれど、その人のことは恨まない。どんなことがあっても人を信じ続ける男。そして、その人の悪いところではなく良いところを見つけようと努力する。傍から見たらバカなヤツかもしれないけれど(笑)」

―― お調子者だけれど、一本筋が通っていて大切な人達を傷つけたくない。周囲に気を配り、誰からも愛される清太郎は市原と重なって見える。

「似ているのかな…。自分も生まれ育った場所や仲間への恩は忘れたくないという思いはあります。悪人がいないお話で、清太郎もとってもピュアなんですよ。だから、細かいことは置いておいて、10代の頃の気持ちで演じようと心がけました」

写真

―― とある理由から家族の前から姿を消し、たどり着いた町で新しい家族を築いた六郎。ふたりの娘の間で揺れる六郎の姿、死んだと聞かされていた父親が別の家族と暮らしていると知るさつきの葛藤。大切な人だからこそ、伝えられない本当の思い。市原はどんな思いでそれぞれの関係を見ていたのだろうか。

「難しいですよね。父親の目線で見ると、25年会っていなくても娘であることは変わらなくて、愛情も変わることはないと思うんです。でも、新しい家族、娘も大切に思っていることも事実。どんな理由で別れることになったのかは本人(六郎)にしかわからないけれど、自分の娘には嫌な気持ち、つらい思いをしてほしくないというのは親なら誰もが思うことではないでしょうか。さつきの立場からすれば、どうしてこうなってしまったのか事実の向こう側にある真実を知りたいけれど、知ることが怖いという気持ちもあると思います。会いたいけれど会うのが怖い、色々な思いが募って葛藤があったはずです。思うのは、会いたい人には何年経っても会いたいし、大切にしている人への思いは何年経っても変わらない。家族の絆は何事にも代えがたいものだなと感じられる作品だと思います」

―― 市原が考える理想の夫婦像、家族像を聞いてみた。

「シンプルに家族が笑ったときに自分も笑えたら幸せだと思うし、その人の幸せを自分の幸せだと感じられる人と一緒にいられることですかね」

写真

―― 2007年に上演された舞台版で、本作の監督・脚本を務めた宅間孝行さんが清太郎を演じていた。今回、出演が決まったときの思いとは?

「単純に嬉しかったですね。宅間さんの舞台は観に行くと、毎回泣いちゃうんです。泣けるけれど、お腹が痛くなるくらい笑える素敵な作品が多くて大好きです。撮影現場も、スタッフやキャストとの距離感が心地よくて、仕事仲間というよりは家族みたいな存在でした。芝居をしに行くというよりは、スタッフや共演者に会いたくて現場に通っていた感じ。撮影方法も1シーン1カットの長回しで、舞台のようで僕にとっては新鮮でした。居酒屋の場面では倉科カナさん演じるさつきの感情があふれて、とても生々しい迫力あるシーンですし、さつきが六郎さんに会いに行く前の表情も印象的です」

―― 登場人物のように役者自身も優しく、素敵な人ばかりだったという市原。映画を観てもその優しさがスクリーンから伝わってくるほど温度を感じる。

「自分が大切にしている人、大切にしたい人と観ていただきたい作品です。自分のなかに無意識にたまった汚れみたいなものが洗い流されていく感じがします。嫌なニュースが多い今、優しくありたいと思えるし、こういう世の中であってほしいと思える世界観。観終わったあと、大切な人をより大切にしたいという思いが芽生えてくるはずです」


Writing:岩淵美樹/Cover Photo:笹森健一

インフォメーション

写真
(C)2018映画「あいあい傘」製作委員会

MOVIE

『あいあい傘』

10月26日(金)公開


監督・演出・脚本家として活躍する宅間孝行が主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」が2007年に上演した舞台を映画化。25年前に姿を消した父・六郎(立川談春)を探しに田舎町へやってきたさつき(倉科カナ)。そこで出会ったテキ屋の清太郎(市原隼人)に町を案内してもらうなかで、六郎の今の暮らしを知る。25年間、お互いを思いながらも会うことはなかった父と娘は果たして再会することができるのか……。

▼公式サイト

「Prey Veng WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/11/5(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!

pagetop

page top