shadow

写真

2012年8月13日更新

この夏、『ビューティフルレイン』、『薄桜記』と2本のドラマにレギュラー出演中の君嶋麻耶。ジャンルの異なる現場を経験することで得ていく、役者としての“栄養”と“経験”。そして目指すその先とは──。

いつでも“スタンバイOK”の自分でいたいです

── 『ビューティフルレイン』は『仮面ライダーオーズ』以来のレギュラー作品。久々の連続ドラマの現場は新たな発見に満ちていたという。

「自分の勝手なイメージで、連続ドラマの現場はサバサバした雰囲気なのかな、と思っていたのですが、スタッフさんもキャストのみなさんも本当に和気あいあいとされていて、とてもいい空気なんです。“雑誌で見てますよ”と声をかけてくれる同年代のスタッフさんもいます。ホームドラマならではなのか、温かなムードで、自分にとってとても新鮮な現場です」

── 役どころは巡査の立花健太。下町で生まれ育ち、子どもたちと仲良く、地元の人々からは“健太くん”と呼ばれ親しまれている、“町のおまわりさん”だ。制服姿で自転車をこぐ姿も印象的。

「制服姿はちょっと痩せ過ぎ、かな?(笑) 台本を頂いた当初は役についての情報があまりなかったので、どう演じればいいのかと思案していたのですが、プロデューサーの方から役回りや出どころとして“金八先生のおまわりさんのような感じ”と言われてから、なんとなくイメージが膨らんでいきました。若年性アルツハイマーという病気を扱ったドラマなので、少しやんわりというか……メインのストーリーに食い込んでいくというよりも、サイドストーリーで空気を和ませる……そんな立ち位置だと思っています。軽さのあるコメディタッチの映画やドラマなどをいくつか見て、参考にしました」

写真

── 親しみのあるキャラクターを形づくること。「あ、今日もお巡りさん出てきたぞ」と、視聴者が心待ちにしてくれるような存在でいることが目標だ。

「登場シーンが限られているからこそ、なぜ僕なのかを追求しなくては。健太がいる意味を、僕なりの打ち出し方でしっかり果たしたい。戦うシーンがあるわけでもないし、本当に商店街の住人のひとりとして物語に溶け込みつつ、作品のスパイスになれたらうれしいです。制服姿で現場にいると通りがかりの人に道を聞かれたことがあったので、そういう意味ではしっかり現場に溶け込めているのかも(笑)」

── 撮影は現在ほぼ折り返しへ。現場では役目を果たすのはもちろん、諸先輩の芝居から盗めることはすべて盗みたいと、常に緊張を張り巡らせている。

「正直なところ、最初はもう“豊川(悦司)さんとドラマに出てる! わー、すごい!”と(笑)。僕が見てきた映画に数多く出演されている俳優さんがすぐそこにいる、ということに感動しました。存在力に圧倒されます。芦田愛菜ちゃん、中谷美紀さん、蟹江敬三さん……みなさんの現場での居方や空気のつくり方など学ぶことばかりです。自分のことだけじゃなく、こうしたら相手がやりやすいだろうなということを……おそらく自然に無意識にやっていらっしゃる。まだまだ自分は支えていただいてばかりだな、と実感しています。また、“こういう役のときはこんな動き方もあるのか”とか“こういう台詞回しもあるんだな”と、今の役だけじゃなく、この先に生かせる発見が日々あるので、しっかりと見聞きして、大いに吸収していきたいと思います」

── そして『薄桜記』は一転、本格的な時代劇。君嶋にとってはこれが時代劇初挑戦作ともなった。

「カツラ合わせも初体験でしたし、着物を着て芝居をするのも初めて。でも共演者のみなさんは時代劇の経験も豊富な方ばかりでしたので、自分も最低限のレベルは求められているのだと感じてとても緊張しました」

── 忠臣蔵の外伝的物語である『薄桜記』。君嶋が演じた吉良上野介の小姓・清水一学も、実在した歴史上の人物である。

「すぐやられちゃったとか結構がんばって戦ったとか、両極端、諸説あるんです。ただドラマの中の清水は17歳という設定なので、そこまではあまり考えませんでした。真面目な青年なんだろうなと思ったし、むしろこれからの人、伸びしろのある人物を意識して演じたつもりです。観ている方にも彼のそういう若々しいところが伝わったらいいなと思います」

── 扮装も若々しいと好評。前から君嶋を知っている人も必見。これまでにない新鮮な日本男児の表情をぜひ観て欲しい。

「確かに緊張はしましたけど、とても楽しかったです。セットも素晴らしく、細部までしっかりつくり込まれている。その中にあの扮装で入っていくと自然と気持ちも高まっていきました。映像で見ると本当にリアリティがあって、“違うよなぁ”って、もうびっくり。そんな環境にも支えられながら本番に臨めたのは大きかったです」

写真

── 現代劇とはまったく違う世界観の中で、またひとつ新たな刺激を受けた。着物の着こなし、所作、台詞回しなど、テクニックの面で得た経験値も貴重だ。

「戸を開けるという動作ひとつとっても、途中まで開けたら手を代えるとか細かい作法がありましたし、さらにそれをやりながら台詞を言う。しかも、普段とはまったく口調の違う言葉で……と、頭の中はパンパン(笑)。撮影中は主演の山本耕史さんが若い役者さんたちに“そこはこうしたらやりやすいのでは?”と声をかけていらっしゃるのをよくお見かけしました。自分のシーンと直接関係ないところでもさりげなくアドバイスされていて、その視野の広さ、細かいところへの気遣いはさすがだなと感じました。台詞のスピードや間なども時代劇独特のものがあって、そういった新しい表現に触れられて楽しかったです」

── 雑誌の仕事について質問すると、「久しぶりにスチールの現場へ行ったら、最初、戸惑っちゃって(笑)。自分でも初めての感覚でした」とも。モデルから役者へ。今、自身の活動の軸足がスウィッチしていく過程を肌で感じている。意識が、感覚が、確実に芝居の世界に向いているこの時間が愛しい。

「役者としての自覚……なのかどうかはわからないですけど、映像の現場で求められることに段々自分が対応できている。少しずつですけどね。そういうのは感じています。うれしいことに今は隙間なくいろいろな作品に出させてもらっているので、これからもそのペースで動いていけたらいいですね。なんでしょう……不思議なもので、仕事で動いているときって自分自身もすごく稼働するんです。他のところにも手がすごく行き届くというか、忙しいほどブログも更新するし、映画も見るし、料理もするし。少し前までは“あれもこれもやりたいのになんで時間がないんだろう”って思ったりもしていましたが、いざ時間が空くと結局なにも手につかずダラダラしてしまうんですよね(笑)」

── そこはもう経験の賜物。身体がアクティブになれば同じように精神もアクティブになり、結果、感覚や好奇心が知らず知らず研ぎ澄まされていく。そうして広がる世界からまた、芝居へのヒントや刺激を見つけ出していく……という楽しみを知ってしまったのだ。

「確かにそうかもしれないです。参考のために見ていた映画に出てきた料理が無性に食べたくなるとか(笑)、好奇心が繋がり広がっていくのがたまらないですね」

── 映画好きとしてはもっともっと映画作品にも挑戦したい、と気持ちが昂る。思いは前へ前へと続くのみ。

「最近はコメディも好きなので、三木聡さん、あとは是枝裕和さん、西川美和さん…静かな強さのある作品にもひかれます。映像自体に雰囲気のある、人間のリアルが描かれた作品。そういう世界の中で生きてみたい。そのためにも常に稼働中、いつでもスタンバイOKの自分でいたいです」

Writing:横澤由香

INFORMATION

TV

フジテレビ系ドラマ『ビューティフルレイン』

毎週日曜21時~

木下圭介(豊川悦司)は妻に病気で先立たれたあと、娘の美雨(芦田愛菜)とつつましくも楽しく暮らしていた。美雨は父親が一緒なら何事も大丈夫だと信じる健気な小学生。しかし、圭介が若年性アルツハイマー病だと診断されたことから、親子の生活は一変していく。人情味溢れた下町を舞台に描かれる愛と絆。


▼公式サイト

写真

(C)フジテレビ

TV

BS時代劇『薄桜記』

NHK BSプレミアム 毎週金曜20時~

卓越した一刀流の剣豪である旗本の丹下典膳(山本耕史)は、妻の名誉を守るために片腕を失い、さらには家も断絶となってしまう。赤穂藩の家臣・堀部安兵衛は浪人の身となった典膳に力を貸すが、典膳は武士としての筋を守り吉良上野介の用心棒に。結果、赤穂浪士たちと向かい合う立場になってしまう……。


▼公式サイト

写真

(C)NHK

関連ニュース

Prey Veng タレント・アーティスト セクション別一覧
gss.com.ua

еще по теме

стероиды