shadow

prev

next

写真

UPDATE

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気マンガ『銀魂』。江戸末期を舞台にした時代劇でありながら、高層ビルが建ち並び、宇宙船までも飛び交うというぶっとんだ設定だ。映像化は難しいのでは?と言われていた作品だけに、さまざまな声が聞こえてきたが、ジャパンプレミアムも大盛況に終わり、いよいよ7月14日から公開に。 江戸の治安を守る特殊警察「真選組」の鬼の副長・土方十四郎を演じた柳楽優弥に作品の魅力を聞いた。

土方の筋の通ったカッコよさが表現できていたら嬉しい

写真

――昨年の夏、『銀魂』の映画化が発表されるとネット界隈がざわついた。それは原作物の宿命ではあるが、人気マンガだけに賛否両論大きな話題となった。しかし、福田雄一監督とキャストによる謝罪動画などユーモアのある対応で、原作ファンの心をつかんでいく。キャラクターごとのビジュアルが公開されるたびに、その完成度の高さに驚きの声が挙がり期待値も上昇。柳楽優弥演じる土方十四郎もまた「カッコいい」と話題に。

「ファンが多い人気作品で、その中でも人気があるキャラクターを演じる機会はこれまでなかったので、出演が決まったときは嬉しかったですね。もちろん、プレッシャーというか緊張もありましたが、楽しんで演じられたらと思っていました。“土方が柳楽か、なんか違うよな”と言われるのはやっぱりイヤじゃないですか。みんなのなかに土方像というものがあるように、もちろん僕もマンガを読んだときに抱いた土方のイメージがあるので、それを大切にしながら一生懸命に演じました。僕の土方十四郎像はこれだ!と自信を持って表現していこうと役に向き合っていましたね。映画を観終わった後に、土方良かったなと感じてくれたら嬉しいです。僕自身、土方の1本芯が通っているカッコ良さにひかれました。ほかに演じたいキャラクターは?と聞かれても土方って答えますよ。クールなのにマヨネーズが大好きっていうギャップもいい(笑)」

写真

――福田監督とはドラマ初主演作『アオイホノオ』からのつき合いとなり、『銀魂』が3作目となる。

「福田組は毎回、いい意味で緊張感があります。今回、土方十四郎を演じるにあたって、どうしようかという話は監督からあまりなくて。ただ、印象的なシーンはマンガを片手に表情や動きを参考にしました。dTVの『ミツバ篇』のことになりますが、ミツバを横目で見るシーンなんかはそうですね。原作を大切にしながら、生身の人間が演じることでよりイキイキとした表現ができたらいいなと思っていました。土方はヘビースモーカーで常にタバコをくわえているのですが、くわえながらしゃべるのって難しいんですよ。セリフをしっかり言うにはないほうがいいけれど、あのタバコは土方にとって大切なアイテムなので、落とさないようにしながら頑張りました」

写真

――主演の小栗旬をはじめ、キャストは第一線で活躍する俳優ばかり。福田組常連も多い。

「ムロツヨシさん、佐藤二朗さん、安田顕さんの面白さはズルいですよね(笑)。僕は人を笑顔にさせる芝居が苦手なので、うらやましかったです。コメディを演じるのって難しいんです。真選組のメンバーとの芝居もいい刺激を受けました。(中村)勘九郎さんはカラダをはって演技をしていて、カッコいいのに面白い! 僕、1回笑いのツボが入っちゃうと止まらなくなるので、撮影中は眉間にシワを寄せながら笑うのを必死にこらえていました。それでも、近藤勲(中村勘九郎)が裸で稽古をしているシーンではツボに入ってしまい、笑っちゃいました。おそらく、この1年で一番笑った出来事だったと思います。あれは反則です。初日がカブト狩りのシーンだったのも辛かったです(笑)」

――撮影前も笑ってはいけないと、役に集中していたとか。

「笑わないようにというのもありましたが、セリフ覚えがあまりよくないので(笑)、どの現場でもあまりしゃべらないんですよ、僕。共演者は普段からつき合いのある人が多かったので、現場でわざわざ話すこともなかったし(笑)。仕事ですからね、役に集中していたということにします」

写真

――多くの人に愛されている『銀魂』の魅力とは?

「今回、土方を演じるにあたり原作を読みました。まず、設定がおかしいですよね。でも、このありえない設定のおかげで、現代を舞台にしたらストレートすぎて言えないこともコミカルに伝えることができるし、スッと心に入ってくる気がします。僕が演じた土方もそうだし、銀時をはじめとする登場人物ひとりひとりに筋が通っていてカッコいいところが愛される最大の理由だと思います」

――ただただギャグ満載ではなく、銀時と岡田似蔵や高杉晋助たちとの迫力あるアクションシーンも見どころだ。まさにエンターテイメントといえる大作になっている。

「完成度の高い作品になっていますよね。ギャグに走りつつ、しっかりと魅せる。子どもから大人まで楽しんでもらえる、夏にぴったりなお祭りみたいな映画です。バカなことばっかりやっているわけではなく、殺陣もこだわってやっているので期待していてください。映画を観たあとは、dTVで『ミツバ篇』も観てほしいですね。感動するエピソードとして人気の高い作品を演じることに怖さはありましたが、映画本編と同様、魅力的な作品になっています。吉沢亮くん演じる沖田総悟がめちゃくちゃカッコいいし、勘九郎さん含め、真選組のメンバーでいい相乗効果がうまれたのではないかと思っています。あ、映画はエンドロールで席を立たずに最後まで見てください。最後まで飽きさせません!」


Writing:岩淵美樹

インフォメーション

写真
(C)空知 英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

MOVIE

『銀魂』

大ヒット公開中!


江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が侵攻し、鎖国を解放。天人が台頭し、廃刀令により侍は衰退の一途をたどる。かつて白夜叉と恐れられた攘夷志士の坂田銀時(小栗旬)も刀を木刀に持ち替え、万事屋(よろずや)を営み、のんきに暮らしていた。そんな中、辻斬りが横行し、銀時の旧友・桂小太郎(岡田将生)が凶刀に倒れたという知らせが入る。万事屋の仲間、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)とともに調査に乗り出すが……。

▼公式サイト


WEB

dTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』

7月15日(土)より全3話一挙配信中!


『銀魂』ファンの間でも泣ける、感動するとして人気のあるエピソードを、映画版のスタッフ&キャストでドラマ化。真選組の隊長・沖田総悟(吉沢亮)の姉・ミツバ(北乃きい)をめぐる陰謀とそれに立ち向かう真選組の活躍、土方十四郎(柳楽優弥)とミツバの悲恋を描く。

▼詳細

「Prey Veng WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2017/7/31(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!

pagetop

page top