shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」完成披露ジャパンプレミア!

本郷奏多出演映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」完成披露ジャパンプレミアが、7/21(火)東京国際フォーラムにて行われ、監督・共演者とともに本郷が出席した。

同作は、2009 年10 月号(創刊号)の「別冊少年マガジン」にて連載が開始されるや否や、その圧倒的なスケールと世界観、壮大且つ予測不能なストーリー展開が世界中に衝撃を与え、全世界累計発行部数がついに5000 万部を突破した超大ヒットコミック『進撃の巨人』(諫山創/講談社刊)を実写映画化。実写化不可能と言われたこの怪物原作を、樋口真嗣監督をはじめとする、日本映画界・アニメ界・特撮界が誇る各分野最高峰のスタッフの手により映画化される。
今月7/2(木)には、撮影クランクインの地ともなった長崎県軍艦島(端島)にて、前代未聞の完成報告会見を行い、世界文化遺産登録を目前に大きな話題となった。そして、7/15(水)、映画の本場ハリウッドで行われたワールドプレミアでは、目の肥えたハリウッドの映画ファンたちをスタンディングオベーションで沸かせた。すでに全世界63 の国と地域での配給も決定し、8/1(土)の公開を前に大きな注目を集めている。

上映前に行われた舞台挨拶には、監督、キャスト総勢11名が登壇。同作で、主人公エレンの幼馴染であり、明晰な頭脳を武器に巨人との戦いに挑んでいく青年・アルミン役を演じた本郷は、この日集まった約4000人の観客を前に、「きっと皆様は出来上がった『進撃の巨人』をご覧になる今日という日を、すごく楽しみにしていたと思います。我々も自信を持って完成させたこの作品を皆様に観ていただける今日という日を、本当に心待ちにしておりました。僕自身、原作ファンなのですが、その立場からも間違いなく良作だと胸を張って言える作品に仕上がりました。ぜひ皆さん、期待してご覧いただけたらと思います。」と挨拶。

樋口真嗣監督の印象について本郷は、「監督はすごく素敵でかわいらしい方です。趣味も合って、空き時間はずっと一緒にガンダムの話ばかりしていました。」と話し、続けて「監督は数々の作品を撮られている方なのにやわらかくて、役者陣の言ったことをすごく聞き入れてくださいました。僕もいろいろな願いを叶えてもらったのですが、例えば冒頭のナレーションは、僕(=アルミン)が読ませていただいているのですが、アニメ版だとアルミン役の井上麻里奈さんが読んでいるので、『映画版もどうですか?』と言ったら、監督も『それ、いいね!』と言ってくださったり、偉い人が着るマントがあって、『僕もマント着たいです!』と言ったら、『じゃあ、着ようか!』と言ってくださって、なんでも願いを叶えてくれるので、ビジュアルも含めて、僕は監督をドラえもんだと思っています。監督が大好きです。」と笑顔で明かした本郷に、監督が「ありがとう。」とドラえもんの声真似で答えると、会場は大きな笑いに包まれた。

前篇・映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は8/1(土)、後篇・映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は9/19(土)、全国東宝系にて連続公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
фундаментные блоки цена

Ukraine patent attorney