shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「合葬」大ヒット祈願イベント!

柳楽優弥主演映画「合葬」の大ヒット祈願イベントが9/15(火)上野・寛永寺で行われ、柳楽が出席した。

同作は、1980年代に『月刊漫画ガロ』に連載され、1984年に『日本漫画家協会賞』優秀賞を受賞した杉浦日向子さんによる同名漫画の実写映画化。
300年間に及ぶ徳川幕府の支配が終わった慶応4年の日本を舞台に、江戸の治安維持を目的に結成された「彰義隊」に身を投じ、激動の時代を懸命に生きた若者たちの数奇な運命を描いている。

柳楽は主君・徳川慶喜に対して熱い忠誠心を持ち、彰義隊へ入隊した秋津極を演じる。

上野・寛永寺は彰義隊が新政府軍と戦った上野戦争の舞台となった場所で、現在は、最後まで戦った英霊を彰義隊忌として毎年5月に供養する法要が執り行われている。また、寛永寺旧本坊表門(通称:黒門)は当時の激しい戦いを物語る弾痕が多数残っており、日本国指定重要文化財に指定されている。

この日は寛永寺開山堂にて彰義隊法要と同作のヒット祈願、その後、寛永寺旧本坊表門の前で会見が行われた。柳楽は、「撮影前に彰義隊を演じさせていただくということで寛永寺にお邪魔させていただきました。1年ぶりに今日ここに立っているのですが、撮影をする前と後では気持ちが違い、ありがとうございますという気持ちに不思議となりました。」とゆかりの地に思いを馳せた。

同作は、第39回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に出品されたが、「瀬戸(康史)さんとW主演という形でやらせていただいた作品が、大きな映画祭で紹介できたということはとても嬉しいことです。僕にとっていろいろなチャレンジができた作品で、時代劇ではありますが青春が強く描かれているので、多くの方に観ていただきたいです。」と語った。

映画「合葬」は9/26(土)より全国ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top
заказ води черкассы