shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

大久保聡美 主演ミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」公開ゲネプロ&囲み取材!

大久保聡美主演ミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」の公開ゲネプロ及び囲み取材が9/18(金)AiiA 2.5 Theater Tokyoにて行われた。

2013年、美少女セーラームーン“20周年記念プロジェクト”の一環として、8年ぶりの新作が上演されたミュージカル「美少女セーラームーン」(通称“セラミュー”)。2014年夏に第2弾公演を上演、2015年1月には、セラミュー史上初の中国・上海公演が開催され、現地にて大好評を博した。そして、2015年秋!「なかよし(講談社刊)」60周年記念公演「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」が上演される。同作は、ファン待望の原作第3章<デス・バスターズ編>をミュージカル化!セーラー5戦士、タキシード仮面、セーラーちびムーンに加え、外部太陽系4戦士が新登場し、ついにセーラー10戦士が勢ぞろいする。さらに、セーラー戦士と敵対する土萠教授、カオリナイト、ミストナイン、ウィッチーズ5<デス・バスターズ>も登場。また、同作をもって、2013年からセーラー5戦士を演じてきた5名が卒業を控え、“Un Nouveau Voyage”(アンヌーヴォーヴォヤージュ)=“新たなる旅立ち”を迎える。

中学卒業を控え、高校の体験入学のため憧れの無限学園にやって来たうさぎ達。しかし、生徒に扮したウィッチーズ5の攻撃を受ける。戦いで傷ついたセーラー戦士の体を癒したのは、不思議な力を持つ少女、ほたるだった…。さらに、圧倒的な戦闘力の2人のセーラームーンたちの前に登場。
彼女たちの使命とは…「タリスマン」「破滅の神」とは何なのか…。セーラー戦士の新たな戦いが始まる!

大久保は、セーラームーン/月野うさぎ役を演じる。

公開ゲネプロ終了後、共演者とともに囲み取材に出席した大久保は、「今回私たちは3作目になります。去年も一昨年に比べて成長をしたと思うのですが、今年はそれをさらに超えたものを皆さまにお届け出来るように頑張りたいと思います。宜しくお願いいたします。」と挨拶。

見どころについて、「見ての通り、スーパーセーラームーン(伝説の聖杯“レインボームーンムーンカリス”によって二段階変身を遂げた姿)なんです!“-La Reconquista-(2013年上演作品)”、“-Petite Étrangère-(2014年上演作品)”ではみんなに支えられて成長してきたうさぎちゃんが、みんなを支える立場になって物語を作っていきます。あとは、まもちゃん(タキシード仮面/地場衛・大和悠河さん)とはるかさん(セーラーウラヌス/天王はるか・汐川しゅうさん)のイチャイチャシーンです。みなさんも“キューン”とすると思うので見ていただきたいです。“-La Reconquista-”では、まもちゃんとのシーンで顔が真っ赤になってしまったのですが、今回は、はるかさんでその現象が出てしまって、本当に2人ともかっこよくて、どっちにすればいいのみたいな…」と話し続けていると、すかさず大和悠河さんが「戻ってこい!」と劇中さながらに合いの手が入り、「そこが見どころです。」と和気あいあいとした雰囲気の中、見どころをアピールした。

そして、卒業を控えた公演ということについて、「実感は全くありません。今まで3作踏んできて、こんなに気持ちがふわふわして夢の中にいるような気分で、集中はできているのですが、いつもと違った感覚で舞台に立っています。今日、初日を迎えて回を踏んでいく毎に実感が湧いていくのかな、と思っています。」と今の心境を語った。

ミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」は、9/27(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、10/2(金)から4(日)まで大阪・サンケイブリーゼにて上演。
世界中から愛される“セラミュー”の世界を、ぜひ劇場でお楽しみください!

■ミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」公演情報
【東京公演】
日程:9/18(金)~9/27(日)
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
【大阪公演】
日程:10/2(金)~10/4(日)
劇場:サンケイブリーゼ

■ミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Un Nouveau Voyage-」DVD化決定!
発売日:2016/2/24(水)
予約受付:9/18(金)より劇場にて
劇場予約特典:竹内直子さんの原画イラストチケットホルダー

pagetop

page top
there

читать дальше