shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「シネマの天使」初日舞台挨拶!

本郷奏多出演映画「シネマの天使」が、11/7(土)全国公開初日を迎え、ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われた舞台挨拶に、監督・共演者とともに本郷が登壇した。

同作の舞台は、広島県福山市にあった日本最古級の映画館「シネフク大黒座」。122年の歴史に幕を閉じ、2014年8月に閉館。その最後の雄姿を何とか映像に残したいという思いから同作が誕生した。老舗映画館と、そこで働く人々と観客が閉館に向かうドラマを、切なくも美しく描く。撮影は閉館後の実際の大黒座の建物を使い、オール広島ロケで行われ、取り壊し工事のため重機が劇場に入ってくるまで撮影した。「昔はどこの映画館にも天使がいた…」古い映画館の暗がり、フィルムの映写室、映画への愛-。閉館が決まった映画館の新入社員・明日香が、館内で謎の老人と出会い、思わぬ展開へ。長い歳月の間人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズに心が熱くなる!

老舗映画館の大黒座が閉館することになった。そこで働き始めたばかりの新入社員 明日香(藤原令子さん)は、ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、忽然と消えてしまう。バーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと夢見ている。大黒座の女性支配人(石田えりさん)は、閉館への反対を押し切って気丈に振る舞っていた。泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。そしてついに閉館の日。スクリーンに最後の映画が映しだされると、明日香の前に、あの謎の老人が再び現れ…。長い歳月の間人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズとは―。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した本郷は、「皆さん、こんにちは。本郷奏多と申します。本日初日を迎えることができてほっとしています。1年程前に撮影した作品ですが、もう大黒座は跡形も無くなってしまっているので、きっと今、大黒座がすごく喜んでいてくれるんじゃないかなと思います。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

撮影を振り返って、「取り壊す直前というか、最中に撮影をしていたので、日を重ねるうちに、どんどん手すりがひん曲がっていったり、壁が剥がれ落ちていたり、みるみる映画館の姿が変わっていって、こんな中で撮影をすることなんてもちろんなかったですから、これアスベストとか使っていないかな、大丈夫かなと思いながら、やらせていただいていたんですけど、どうやら今元気なので使っていなかったのかなと思います。122年も前に施工されていたらアスベスト自体がまだないですもんね、ということを今しゃべっていたら思いました。」と会場の笑いを誘い、「とても素敵な温かい作品に仕上がったと思います。」と笑顔を見せた。

舞台挨拶では、本郷(11/15生まれ)と石田えりさん(11/9生まれ)の誕生日が近いということもあり、共演者らが大黒座122年の歴史にちなみ“122本のバラの花束”を贈り祝福した。会場が拍手に包まれる中本郷は、「僕、花粉症なんですけど、皆さんに祝ってもらってすごくうれしいです。頭の一文は気にしないでもらって大丈夫です。ありがとうございました。」と語った。

最後に本郷は、「本日はお集まりいただきありがとうございました。映画は一つの作品が100年残ると言われていますが、そうなると大黒座という劇場は122年+100年=200年以上残るわけで…、いいこと言おうとしていたのに途中でだめになったな(笑)。映画というものに関わらせていただくお仕事をずっとしていて、特にこの作品に出演して、映画はこんなにいろんな想いを与える可能性があったものなんだなと、僕は自分のお仕事にさらに誇りが持てるきっかけになった作品でした。だからこれからもがんばっていこうと思いましたし、映画ってすごく素敵なものだなと改めて思えたので、皆様ももしそう感じていただけたら、周りの方にたくさん宣伝していただいて、何度も足を運んでいただけたら、我々もうれしいですし、大黒座もきっと喜んでくれると思います。ぜひご協力の程よろしくお願いします。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締め括った。

映画「シネマの天使」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場にてご覧ください!

pagetop

page top
здесь

как работает bitcoin

ここで読みます

также читайте