shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

椎名桔平 ドラマ「メガバンク最終決戦」主演決定!

椎名桔平が2016年2月14日スタートの連続ドラマW「メガバンク最終決戦」(WOWOW)に主演することが発表された。

「銭の戦争」シリーズの著者で、5000億円もの日本株を運用した“伝説のファンドマネジャー”としても知られる波多野聖氏の小説「メガバンク絶滅戦争」が原作。
国際経済の裏表を知り尽くした同氏が、日本国債の暴落で巨額負債を抱えた巨大銀行を舞台に、辣腕(らつわん)ディーラーと気配り総務部員がバディを組み、銀行立て直しのため史上最大の買収合戦と社内の陰謀に立ち向かう姿を描く。

ディーラの桂光義を演じる椎名は「常に相場を睨めつけ、自分の信念をその経験とともに培ってきた人物」という役どころ。椎名は「銀行は身近な存在なのだが、そこで働く銀行員の人たちと話をする機会はほとんどない。まして、その人たちの抱えている悩みや葛藤を、知るよしもない。何万人も勤めるこのメガバンクの内幕が、とてもリアルに、人間味を帯びて描かれているのを、興味深く読ませて頂きました」と脚本の感想を語り、「この物語は、銀行だけを描いているわけではなく、政界、財務省、金融庁を巻き込んでの国家規模の話に展開していきます。日本が破綻する日が本当にやって来るの!? 全6話、ぜひ楽しんで頂けたらと思います」と語った。

ドラマ「メガバンク最終決戦」にぜひご期待下さい!


毎週日曜日22:00〜
連続ドラマW「メガバンク最終決戦」
WOWOW
※2016年2月14日スタート
※全6話
※第1話は無料放送

pagetop

page top
developing a website