shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「あやしい彼女」完成披露試写会!

北村匠海出演映画「あやしい彼女」の完成披露試写会が2/22(月)丸の内ピカデリーで行われ、キャストとともに北村が登壇した。

可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!
戦中生まれの下町育ち、早くに夫を亡くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、“こうなったらとことん好きなように生きてやる!”と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天性の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。
実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子―そんな彼女が最後に気付く大切なものとは?

同作のメガホンをとるのは、『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』を始め、コメディ映画でヒットを連発してきた水田伸生監督。そんな“コメディ映画のプロ”が新たに挑む『見た目は20歳、その中身は73歳』という、異色のヒロインが巻き起こす人生リセット劇で北村が演じるのは、瀬山カツ(倍賞美津子)の孫で幸恵(小林聡美)の息子・瀬山翼。仲間とのバンド活動に猛進するも方向性を迷っているという役どころ。のど自慢大会で歌う節子を見て、自身のバンドボーカルに誘い、いっしょに活動をスタートさせていく。

舞台挨拶にて北村は、「今日は来てくださって本当にありがとうございました。この作品は、笑えて泣ける感動の映画となっておりますので、最後まで楽しんでください。」と挨拶。

20歳になった節子が天性の歌声で周りの人々を魅了していくという物語の中で、テレビ番組さながらのセットで節子が歌唱するシーンもあり、この際に聞いた多部さんの歌声について、「僕は、同じバンドメンバーとして撮影をしていたのですが、ここまでストレートに心にくる歌を久々に聞いて、本当に感動しました。」と絶賛した。

その後、“秘密を抱えたヒロイン”にちなみ、キャストの秘密を暴く『秘密暴露!2択質問』のコーナーが設けられ、キャスト自身がAとBの札を使い、質問について当てはまる札を挙げて答えた。まず、主人公・節子は20歳に若返り、人生をもう一度やり直し、自分の夢を叶えて行くが、もし若返ることができるとしたら、“A:やり直したい過去がある”もしくは、“B:今のまま決して若返りたくはない”という質問に、北村は“B”と回答。

次に、若返ってしまったことで様々な世代の男性に節子は想いを寄せられるが、もし付き合うなら、“A:頼れる年上の異性”もしくは、“B:守ってあげたくなるような年下の異性”との問いに、“A”を挙げ、「僕はなかなかのダメ男なので、頼れる方がいいなと。今、仮そめの姿で取り繕っているので、知っていくとわかると思うのですが相当ダメです(笑)。だらしないので、頼り甲斐がある女性がいいです。」とコメント。すると、小林聡美さんへ話が振られ、北村の撮影中の様子を振り返り、「大人の方ともちゃんとコミュニケーション取れるし、礼儀も正しいし、どこがダメなの?朝起きれないとか?」と言われた北村は、「朝は強いんですけど、片付けられなかったりとか、だらしないんです。」と返答すると、小林さんから、「わかってるんなら治そうよ。」とアドバイス。劇中同様、親子のようなトークが繰り広げられ、会場の笑いを誘った。

最後に、同作では“見た目が20歳なのに中身が73歳”というギャップから生まれる笑いが散りばめられているということで、“A:自分の日頃の行動は年相応だと思う”もしくは、“B:よく年齢とギャップがある行動を取ってしまう”という質問が出され、“B”を選択し、「学校でのあだ名が“お爺ちゃん”。18歳なんですけど、最近の悩みが腰痛と肩こりで、今も肩がすごく痛いです。よく腰を曲げながら歩いているので、すぐお爺ちゃんと言われるんですけど、最近は自分でも自覚するようになりました。頑張って若くいこうと思います。」と打ち明けると、撮影現場での様子について多部さんから「10代には思えないぐらい落ち着いてはいたが、腰をさすっている姿は見たことがない。」と言われ、北村はお爺ちゃんぽい行動を「控えるようにしていました。」と振り返った。

映画「あやしい彼女」は4/1(金)全国公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

pagetop

page top
Израиль туры

Tadalafil sans ordonnance