shadow

prev

next

ニュースNEWS

CM

窪田正孝 「UNO(ウーノ)」新CM発表会に出席!

窪田正孝が3/9(水)都内で行われた、資生堂「UNO(ウーノ)」新CM発表会に出席した。

資生堂「uno(ウーノ)」は、ヘアスタイリングから、フェースケア、ボディーケアまで、さまざまなシーンにあわせた商品がラインナップされた男性用化粧品ブランド。
この度、ヘアスタイリングシリーズの全面リニューアルに伴い、竹野内豊さん、野村周平さん、そして窪田を起用した新TVCMの放送が3/11(金)より開始、若者の新たな魅力を引き出し、「大人への進化」をサポートするブランドとして生まれ変わる。

3/11より放送される新CMは『オトナパスポート、はじまる。』篇、『ハイブリッドハード』篇、『ウェットエフェクター』篇の3バージョン。若者が大人へと向かう空港を舞台に、男が大人になる時に必ず通過する場所“オトナゲート”の審査官である竹野内さんが、若者役の窪田、野村さんとのやりとりの中で、髪型と心がキマった状態を見届け、“オトナパスポート”にスタンプを押すといった内容だ。

会見にて窪田は、「竹野内さんは、撮影中すごく気さくに話しかけてくださいました。僕が小さい頃から活躍されている方だったので、共演することができて光栄ですし、対面するシーンでは、あまり前を見れなかったのが記憶に残っています(笑)。」と竹野内さんとの共演を語った。

さらに、撮影について、「先ほどもお話ししたとおり、竹野内さんと対面して緊張していたのですが、竹野内さんの“寝ボケてる?”というセリフで、キリッとしました。竹野内さんに審査官としてその場にいていただくことは現実に考えてできない経験だなと感じて、審査ゲートを通ってから晴れやかな気持ちになりました。勝手に大人になった気分です。」と振り返った。

その後、CMのテーマである“大人への進化”というワードでトークが繰り広げられ、理想の大人像は?と聞かれた窪田は、「決断力や周りの人への気配り、互いの弱い部分を指摘し補い合いながら上がっていける人です。」と答えた。さらに、「緊張していた自分に竹野内さんは話しかけてくださって、すごく救われました。長くお仕事をさせてもらって、自分が年を取っていった先にそういった場があるのであれば、撮影で竹野内さんがやってくださったことをしてみたいです。」と今回の撮影で感じたことも交えて語った。

また、大人の条件について、「包容力と客観的な捉え方とuno!」と力強く回答。さらに、俳優をやっていなかったらどんな大人になっていたか?という質問に、「整備士です。兄の影響もあり、乗り物がすごく好きなんです。人見知りでして、人に関わらず機械と触れ合う仕事をしたいなと思っていたことも(笑)。でも今のお仕事で、たくさんの方と出会える機会をいただいて、自分の人生が変わりました。」と話した。

最後に若い世代の方たちへ向けて、「先輩がいて、後輩が少しずつ出てきて成人を迎え、1人の大人として認められていくと思いますが、自分のペースで前を向いて、後悔のないように進んでいっていただけたら。」とメッセージを送った。

窪田が出演する資生堂「UNO(ウーノ)」新CMは3/11(金)よりO.A。
商品と共にぜひお楽しみください。

■公式ブランドサイト

pagetop

page top
дизайн проект интерьера

регистрация тм