shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

横浜流星 舞台「闇狩人」公開舞台稽古&囲み取材!

横浜流星出演舞台「闇狩人」の公開舞台稽古&囲み取材が、5/12(木)天王洲銀河劇場にて行われた。

同作は、1988年~1990年にかけて「少年ジャンプ」で連載された坂口いくさんのストーリー漫画『闇狩人』を原作に舞台化。許せぬ悪を成敗する現代版仕事人としての魅力のみならず、“闇狩人”たちが現代に生きる私たちと同じく、それぞれが抱えている悩み、苦しみ、葛藤を描いた深い人間ドラマとなっている。大きな魅力としては、“闇狩人”の戦い方。心に抱えている主役・間武士の武器はスチール製の定規。ニヒルな我竜京介の武器はけん玉。ロック・シンガーの三枝将はギターのピック。そして陣内力はただ一人、武器を持たず、素手で戦う。そして息をもつかせぬ、アクションにつぐアクションの連続。4人は大きな悪に立ち向かい、傷つきながら、自分自身と向き合い、葛藤しながら答えを出そうと邁進していく。やがて最大の敵を倒したあと、自らの生き方を選択する。果たして彼らが出した答えとは…。

横浜は、闇狩人の一人、我竜京介(がりゅうきょうすけ)を演じる。我竜京介はトレジャーハンターと称してジャーナリストのような仕事をしており、自信家でナルシスト、しかも滅法強い美貌の闇狩人。武器は特殊加工されたけん玉を用いる。

囲み取材に出席した横浜は、開幕を翌日に控えた心境を聞かれ、「力を合わせて1か月間稽古をして、やるべきことはやってきたと思うので、本番はケガのないように全力でやっていきたいです。」と語った。

同舞台はアクションシーンも大きな見どころのひとつ。「映像を使ったアクションが基本で、動きを映像・音・照明と合わせることが多いのですごく難しいのですが、そこは今日(実際に会場で)いろいろ確認できたので、本番が楽しみです。」と語り、けん玉を武器に悪を成敗する役どころについて、「誰も想像できないと思います。僕自身ずっと空手をしていて素手でやってきたので、やっぱり何か物が入ると難しいです。でも観てくださった方に、“こんな戦い方するんだ”ってびっくりしていただけたらうれしいです。」と笑顔を見せた。

これからご来場のお客様へ向けて、「同い年の(高杉)真宙と、深作健太さん(演出)、素敵なキャストやスタッフさんと「闇狩人」を作ることができて、すごくうれしく思います。僕たちが作り上げた「闇狩人」を一人でも多くの方に観ていただいて、何か感じていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

舞台「闇狩人」は、5月より東京・北九州・大阪にて上演!ぜひ劇場でご覧ください!


■舞台「闇狩人」
【東京公演】
日程:5/13(金)~5/22(日)
劇場:天王洲 銀河劇場

【北九州公演】
日程:5/28(土)
劇場:北九州芸術劇場大ホール

【大阪公演】
日程:6/11(土)~6/12(日)
劇場:森ノ宮ピロティホール

原作:坂口いく  
脚本:鈴木哲也  
演出:深作健太
出演:高杉真宙・横浜流星・鈴木勝大・荒井敦史・丸山敦史
稲垣成弥・森田彩華・市瀬秀和・中村誠治郎 ほか(敬称略)
企画・製作:日本テレビ

公式サイト:

pagetop

page top
имплантация зубов в киеве

металлокерамические коронки

здесь