shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「四月は君の嘘」公開直前イベント!

山﨑賢人主演映画「四月は君の嘘」公開直前イベントが、9/6(火)お台場シネマメディアージュにて行われ、広瀬すずさんとともに山﨑が登壇した。

2011年5月から2015年3月にかけて「月刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載され、“泣けるラブストーリー”として第37回講談社漫画賞を受賞したほか、2014年10月から放送されたアニメも「SUGOI JAPAN Award2016」でアニメ部門第一位を獲得するなど、各界から高い評価を受けている漫画「四月は君の嘘」。
累計発行部数500万部を突破(2016年7月現在)する大人気ベストセラーが、『僕の初恋をキミに捧ぐ』(09)、『潔く柔く』(13)など、淡く揺れ動く心情を丁寧に描くことで知られる恋愛映画の名手・新城毅彦監督の手により、待望の実写映画化を果たす。

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山﨑賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈さん)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すずさん)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格――そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏に惹かれていく公生。かをりの強引な誘いをきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。ようやく動き出した公生の時間。だが、かをりの体は重い病に侵されていて…。

山﨑が演じるのは、幼い頃、母からの厳しい指導を受け、コンクールで多数優勝した経験を持つ天才ピアニスト・有馬公生。母の死後、ピアノの音が聞こえなくなってしまうが、天真爛漫なヴァイオリニスト・宮園かをりとの出会いをきっかけにピアノと“母との思い出”へ向き合っていくという役どころ。

上映前に行われたイベントに登壇した山﨑は、「皆さん、こんばんは。有馬公生を演じました、山﨑賢人です。1年前の今頃撮影をしていたので、やっと4日後に公開ということで楽しみにしています。今日は、一足お先に皆さんに観ていただけるということで、ぜひ楽しんで帰ってください。」と挨拶。

公開を直前に控えた心境について、「撮影は1年前ですが、その半年前からピアノと(広瀬さんは)ヴァイオリンをやっていました。心温まる映画なので、ぜひ早く皆様に届けたいと、届け!と思っています。」と語った。

続いて同作のラブストーリー部分にスポットをあてたトークが行われ、『登場人物の宮園かをりと澤部椿のどちらがタイプですか?』という質問に、「どちらも根は優しさと愛にあふれているので、どちらも好きです。でも、かをりみたいな人がいたら刺激的な毎日で楽しいと思いますし、今を楽しんで日々を過ごす大切さを分かっているので、どちらかといえばかをりです。」と回答。『自分の好きな人が自分の親友を好きだとしたら、どうしますか?』という質問には、「よく考えて完全に無理だと思ったらあきらめますし、何かできるかなと思ったら行動します。」と明かした。劇中では、かをりと公生のデートシーンも描かれるが、憧れるデートのシチュエーションについては、「制服デートに憧れます。制服で、カフェや海に行くというのがいいですね。(劇中には)放課後、かをりと公生がピアノとヴァイオリンを練習するシーンがあるんですけど、いいなと思いました。」と話した。

さらにこの日は、9/7(水)に22歳の誕生日を迎える山﨑のためにサプライズイベントが行われた。それは、クラシックをモチーフにした同作にちなみ、山﨑には内緒で、ヴァイオリン、トランペット、ピアニカ、リコーダーなど思い思いの楽器を持ち寄った約300人の観客が一夜限りの“即席音楽隊”を結成し、「ハッピーバースデートゥーユー」を演奏するというもの。本番では、MCに誘導され背を向けていた山﨑が客席に向き直ると、そこには楽器を持った観客が。驚いた表情の山﨑を前に、即席とは思えないほどの音色が奏でられ、広瀬さんが特製バースデーケーキを舞台に運ぶと、全く知らされていなかった山﨑は、「すごい!みんなオーケストラの人なの!?ありがとうございます!」と大感激の様子。「こんな誕生日は二度とないんじゃないかなと思います。楽器でお祝いしてくれるなんてすごくうれしいです。生きててよかった、この光景は忘れられないです!」と何度も感謝の思いを伝え、サプライズは大成功を収めた。

最後に改めて山﨑は、「心まで振動が伝わってきました。めちゃくちゃうれしいです。今日は本当にありがとうございました。この後はぜひ映画を楽しんでください!」とメッセージを送り、イベントは幕を閉じた。

映画「四月は君の嘘」は、9/10(土)全国東宝系ロードショー!
一つの嘘が奇跡を起こす、切ない青春ラブストーリーに、ぜひご期待ください!

pagetop

page top
make website

читайте здесь