shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」主演決定!

山﨑賢人が、2017年夏公開の映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で主演を務めることが発表され、9/28(水)に行われたキャスト発表会見に出席した。

同作は、「週刊少年ジャンプ」1987年1・2合併号から連載がスタートし、現在も「ウルトラジャンプ」誌上で連載が続く荒木飛呂彦さんの代表作『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社刊)を実写映画化。邦画と洋画の両サイドから、日本の映画界を劇的に進化させてきた東宝株式会社とワーナー ブラザース ジャパン合同会社が初めて共同製作・配給を行い、三池崇史監督がメガホンをとる。
『ジョジョの奇妙な冒険』は、19世紀末のイギリスから始まる名門貴族の息子ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランド―という2人の少年の出会いから始まるジョースター家の血縁と因縁を描く大河作品。第1部から現在連載中の第8部まで部ごとに主人公が代替わりしていくという手法で描かれている。今回映画化されるのは、東方仗助が主人公の第4部『ダイヤモンドは砕けない』。この極上サスペンスを、シリーズ化を見据えた製作体制で挑む。

山﨑が演じるのは、主人公・東方仗助。杜王町に住む高校生で、普段は温厚だが、自慢の髪型をけなされると激昂する。4歳の時に死にかけてからある特別な能力が備わる。

会見に出席した山﨑は、「皆さん、本日はお集まりいただき本当にありがとうございます。東方仗助を演じます、山﨑賢人です。よろしくお願いします。」と挨拶。

誕生から30年を迎える人気作品の実写に挑む率直な心境を聞かれると、「自分が生きてきた時間よりも長く愛され続けている“ジョジョ”という作品を実写化するということで、とにかくがんばるしかないと思っています。この豪華なキャストの方々と三池監督とで、これから映像になっていくということに、本当に今ワクワクしています。不安がある分、楽しみで仕方がないです。がんばりたいと思います。」と語った。

原作や、演じる東方仗助の印象については、「このお話をいただいてから原作を読ませていただいたのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』という世界観にどっぷりはまりました。1部から8部まで漫画を買いまして、今は7部を読んでいます。台詞や画に読み返したくなる部分がたくさんありました。仗助は、正義感があり、すごく優しくて、でもめちゃくちゃ強い。人間としてかっこいいなと思いながら、この役をできることにすごく誇りを持ってやりたいです。」と明かした。

さらに役作りについて聞かれ、「まず体格のよい仗助に近づけるべく、筋トレをしているのと、グレートという口癖があって、そういう特徴的なしゃべり方をどう見せていけるかということを考えています。あと、仗助は髪型をけなされるとものすごくキレてしまうので、そういう部分だったり…。」と話したところで共演者は「?」の雰囲気に。すかざず、共演の山田孝之が「髪型変だよ!」と水を向けたが、「すみません、ここではちょっとまだ(役作りが)できてないです(笑)」と話し、会場の笑いを誘っていた。

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、2017年夏公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
на сайте pills24.com.ua

web page development

別れさせ屋 広島