shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「ひるなかの流星」主演決定!

永野芽郁が、2017/3/24(金)公開の映画「ひるなかの流星」で、映画初主演を務めることが発表された。

同作は、2011年~2014年まで集英社「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数は200万部を突破、連載当時より映像化を待望されていた「ひるなかの流星」(やまもり三香/集英社マーガレットコミックス)を実写映画化。物語は、田舎育ちでまだ恋を知らない主人公の女子高生が、ひょんなことから東京へ転校するところから始まる。慣れない東京で出会ったのは一見チャラそうな担任教師と、不愛想なイケメンクラスメイト。そんな二人に挟まれ、初恋を経験することで人間としても成長していく主人公の姿を、切なく、しかし輝かしく描かれていく原作は、圧倒的な共感度とヒロインを囲む対照的な2人の男性キャラクターの魅力により、女子中高生の‘初恋のバイブル’として絶大な支持を集めている。

田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父・諭吉のもとに預けられることになった。転校先の高校で出会ったのが担任教師のイケメン・獅子尾(三浦翔平さん)と“女子が大の苦手”で一見無愛想なクラスメイト・馬村(白濱亜嵐さん)。困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾も、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれていくが、「教師」という立場から自分に素直になることができないでいた。一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるすずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていく。すずめ、獅子尾、馬村。それぞれが、自分の気持ちに向き合い、相手の気持ちに向き合った時、迎えるエンディングとは…。すずめの初めての恋は、3人の関係性にどう作用していくのか!?すずめの初恋の行方は!?

同作が映画初主演となる永野は、「初めて原作を読んだ時に感じたキュンキュンする気持ちを、映画の世界で体験できることにとてもワクワクしています。すずめの繊細な感情の揺れをお芝居で表現するのは難しいですが、監督と話し合いながら、全力で与謝野すずめを演じていきたいと思います。初めての主演映画なので、不安なことだらけですが、原作ファンの方々の期待を裏切らないよう、スタッフ・キャストの皆さんと共に最後まで頑張ります!」とコメントを寄せた。

映画「ひるなかの流星」は、2017/3/24(金)全国公開!
<共感度200%>の胸キュン三角関係が織りなす、ラブストーリーの新たなスタンダードの誕生にぜひご期待ください!

pagetop

page top
нарядные платья для девочек

create website

рецепт круассанов с начинкой