shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」初日舞台挨拶!

太賀出演映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」の初日舞台挨拶が、10/22(土)お台場シネマメディアージュにて行われ、太賀が出席した。

『闇金ウシジマくん』は、「1日3割(ヒサン)」「10日で5割(トゴ)」という非合法な金利で金を貸し付けるアウトローの金融屋「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマ(山田)を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落人生をハードでコミカルなタッチで描く社会派エンタテイメント作品。原作は小学館漫画賞を受賞し、累計1000万部の大台を突破した真鍋昌平さんによる同名コミックス。実写版は2010年のテレビドラマ「Season1」に始まり、その後映画シリーズへと成長した。リアルな裏社会を笑いを交えながら鋭く描き、多くの人たちを熱狂させた問題作が、2016年、ドラマ「Season3」、映画「Part3」、映画「ザ・ファイナル」と、怒涛の3連作でグランドフィナーレを飾る。

映画「ザ・ファイナル」は、原作の「ヤミ金くん編」。ウシジマの現在と中学時代が交錯しながら、かつて心を許した友の前でウシジマが見せる“これまでにない顔”を描く。ウシジマとは何者なのか!?なぜ、ウシジマは過酷で日の当らない裏街道、金融の世界に入ったのか。その過去の因縁、ルーツに迫る。夢にも希望にも暗雲が立ちこめ、そのカケラも見えないどん底な現代に “ウシジマくん”は何のために降臨したのか。すべての答えは映画にある。

太賀は、ウシジマと対立する鰐戸三兄弟が営む施設『誠愛の家』の住人・甲本を演じる。

上映前舞台挨拶にてシリーズ初登場の太賀は、「参加できて本当に良かったと思える作品になりました。こうして初日を迎えることができて嬉しいです。今日は楽しんでいってください。」と挨拶。

撮影時のエピソードを聞かれると、「過酷でした。朝に新宿に集合して、山奥の『誠愛の家』に行って、汚い場所で汚い服を着させられ、目の前に暴力しかないような世界で、どんどん心が荒んでいく現場でした。これだけスタッフ・キャストが大変な思いをして撮影をしたので、頼むから映像に何か焼き付いてくれという思いでいたのですが、(完成したものを観て)しっかりと焼き付いていたので良かったです。今思えば壮絶で楽しい現場でした。」と振り返った。

映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は、全国公開中!
ぜひ劇場にてご覧ください!

【ストーリー】
トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(山田孝之)。
「カオルちゃん、あのウサギは元気?」
竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。
丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。
丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か? 絶望か、希望か?

(敬称略)

pagetop

page top
also read