shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

窪田正孝 連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」主演決定!

窪田正孝が2017年3月からスタートする連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」(WOWOWプライム)で主演を務めることが発表された。

同作は、2009年に「雪冤」で第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞し作家デビューした、大門剛明の小説「獄の棘」をドラマ化。
亡き父親と同じ職業に就いた新人刑務官・武島良太が、腐敗した刑務官やひと癖もふた癖もある受刑者と対峙しながらも、刑務所の閉ざされた世界が抱える“闇”に迫るさまを描いていく。

出演が決定し窪田は、「刑務所の中の刑務官という体験したことのない役柄なのでぜひ挑戦してみたいと思いました。」とコメント。

自身が演じる役柄について、「良太は普通の青年で欲があるわけでもなく流れるままに父と同職の刑務官になります。もちろん彼自身は初めてで、僕も一緒にその空間の空気に触れて、芝居の中で体験していきました。 様々な人や事件によって醜さも優しさも厳しさも肌から感じた気がします。」と撮影を振り返りながら語った。

そして最後に、「良太の目線から見える世界の色がたくさんあると思います。良い事も悪い事も必ず最後は自分に返ってくることを教えてくれる作品でもあると思います。刑務所という高い壁の向こうで起きる物語をぜひご覧下さい。」とメッセージを送った。

連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」はWOWOWプライムにて3/19(日)より毎週日曜22:00~O.A。(全6話・初回無料放送)

なお、では、会員様を対象としたWOWOWプレゼントキャンペーンの実施が決定!
キャンペーン期間中、WOWOWに新規でご加入いただいた会員様にWOWOWオリジナル窪田正孝グッズをもれなくプレゼントいたします。
ぜひご期待ください!
※キャンペーン期間、グッズの内容に関しては後日発表。

【ストーリー】
「鍵のない牢がある」という北関東刑務所に足を踏み入れた新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。
そこで目にしたのは、受刑者のいじめの黙認、所内での賭博など正義とは程遠い刑務官の姿だった。
ある日、剛腕で法務省出身の名久井惣一(小澤征悦)が看守長として着任する。一方、副看守長・岩本康隆(池田成志)が管轄する工場では、受刑者ながら力を持つ暴力団組長・神宮是清(泉谷しげる)に良太が手荒い歓迎を受けていた。
“刑務所の闇”に翻弄される良太は、名久井と対照的な現場出身の先輩・秋村繁晴(萩原聖人)に助言されるが、秋村の不可解な行動に困惑する。あらゆる思惑が交錯する所内。名久井は良太に腐敗した刑務所を一掃しようと“ある指示”をする。さらに神宮が良太に近づき、刑務官であった父の死について何か知っているかのようなことをほのめかす。
父にいったい何が?“誰も知らない閉ざされた世界”ともいえる刑務所にある正義、真実とは―。

(敬称略)

pagetop

page top
купить диплом в Москве

также читайте