shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

瀬田なつき 監督作品・映画『PARKS パークス』予告編解禁!

瀬田なつき監督作品・映画『PARKS パークス』の予告編が解禁となった。

映画『PARKS パークス』は、2017年5月に迎える井の頭恩賜公園の開園100周年を記念し、吉祥寺・井の頭公園を舞台に製作。この度、本作の予告編()が公開となり、劇中歌「PARK MUSIC」が初公開。主演の橋本愛さんが歌唱し、共演の染谷将太さんもラップで参加。作曲は本作の音楽監修も手掛けているトクマルシューゴさん。ラップは現在の音楽シーンを代表するバンドceroの髙城晶平さんがリリックを手掛けている。
また、劇中歌「PARK MUSIC」ほか、映画にも出演しているスカート(澤部渡)、シャムキャッツなど、インディーシーン実力派ミュージシャンや、劇伴音楽、そして相対性理論によるエンディングテーマ「弁天様はスピリチュア」も収録したサウンドトラック・アルバムが、4/5(水)に発売決定。映画ファンのみならず、音楽ファンも必携の単なるサウンドトラックアルバムを超えた作品が誕生する。また予告編で公開となった劇中歌「PARK MUSIC」はサントラ発売に先駆け、2月下旬より配信がスタートする。

映画『PARKS パークス』は、4/22(土)テアトル新宿にて公開、4/29(土)より吉祥寺オデヲン、以降も立川・横浜・大阪・新潟ほか全国順次公開!
ぜひご期待ください!

映画『PARKS パークス』
公開:2017/4/22(土)~全国順次公開
キャスト:橋本愛、永野芽郁、染谷将太、他
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」
音楽監修:トクマルシューゴ
監督・脚本・編集:瀬田なつき
公式サイト:
予告編:

【ストーリー】
井の頭公園脇のアパートで暮らす大学⽣・純(橋本愛)の元に、突然訪ねてきた高校⽣のハル(永野芽郁)。遺品の手紙の差出人であるハルの父親のかつての恋人(石橋静河)を、ふたりは探すことになる。しかし、探し当てた恋人の家には孫のトキオ(染谷将太)がいて、彼⼥の死を告げる。だが、彼⼥の遺品の中に1本のオープンリールテープがあるのをトキオが発⾒。そこにはハルの父親たちのラブソングが録音されていた。50年前に作られたその曲は、テープの状態からか途中までしか聴くことができない。その続きを自分たちで作ろうと3人は…。
(敬称略)

pagetop

page top
реклама в социальных сетях