shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「羊と鋼の森」主演決定!

山﨑賢人が、2018年公開の映画「羊と鋼の森」で主演を務めることが発表された。

同作は、「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した、宮下奈都さんの小説「羊と鋼の森」を実写映画化。「2016年 キノベス第1位」、「2015年 ブランチブックアワード大賞」も受賞し、史上初の三冠受賞を達成、さらに直木賞にもノミネートされるなど、昨年最も話題となった小説のひとつ。ピアノの調律師という世界を繊細な筆致でつづり、日本中の読者と書店員の心を震わせた本作は、初版6500部の少部数から、数々の受賞を経て、現在では累計発行部卯50万部突破という偉業を達成している。
ピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語を描く本作。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していく。

山﨑が演じるのは、主人公・外村直樹役。北海道の集落出身で、高校生の時に、調律師の板鳥に出会い調律師の道を目指すことに。自分には才能はないと思いながらも、直向きに努力を重ねていく。
山﨑は、ピアノの一音から景色や森の匂いを感じ取る調律師という難しい役どころを演じるにあたり、昨年末よりピアノの調律の練習を重ねており、クランクイン前には他のキャストより先に北海道に入り、合宿で練習を行って、役作りを固めている。

同作主演に山崎は、「原作を読んで音、景色、匂い、人と人との関係、全てが繊細で丁寧ですごく優しい空気で描かれるなと思いました。才能が必要なのか、努力が必要なのか、誰の為の仕事なのか、調律師、そして人として悩み、失敗しながらも一歩一歩成長していく外村にすごく共感しました。どの職業で生きている方にも共感してもらえるものが必ずあると思います。調律そして、森とピアノの独特の表現をどう映像にしていくのかすごくわくわくしています。そして外村直樹をとにかく一歩ずつ丁寧に生きたいと思います。『orange –オレンジ-』でお世話になった橋本光二郎監督、そして大先輩である三浦友和さんと共演させて頂くこともすごく楽しみです。」とコメントを寄せた。

映画「羊と鋼の森」は、2018年全国公開!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
北海道の田舎で育った主人公・外村直樹(山﨑)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和さん)に出会う。彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。
調律師との出会い。姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。そして見えてくる“本当の自分”。
悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

pagetop

page top
базальная имплантация

webpage development