shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

太賀 「第38回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞受賞!

太賀が、「第38回ヨコハマ映画祭」にて最優秀新人賞を受賞し、2/5(日)横浜・関内ホールにて催された表彰式に出席した。

同映画祭は、映画ファンが主催するユニークな映画祭・映画賞として定評がある映画祭。
太賀は、映画「淵に立つ」が対象となり、最優秀新人賞を受賞。

表彰式にて、賞状・トロフィー・花束を授与された太賀は、「ヨコハマ映画祭の皆様、この度は新人賞に選んでいただき、本当にありがとうございます。まず、僕がここに立っている最大の全てのきっかけである深田晃司監督、『淵に立つ』のスタッフ、キャストの皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。本当に監督の言葉を1つ1つ信じてついてきて良かったなと思います。一緒にお芝居をした共演者の方々に身を委ねて良かったなと思います。そして、一緒のシーンは無かったのですが、主役である浅野忠信さんには映画の中で最高のバトンを渡していただいたと思っています。本当に今日はありがとうございました。」と挨拶し、会場からは温かい拍手が送られた。

MCから、『淵に立つ』で山上考司を演じる上で意識した部分について聞かれると、「映画の構成上、僕が後半に出てくる中で無自覚でなきゃいけないと思っていて、(加えて)無自覚であるけど、オフェンシブな存在でなきゃいけないという役作りができればいいなと思っていました。」と話した。

2016年様々な役に挑戦した太賀。多種多様なキャラクターを演じる上でのコツを聞かれると、「無いですね(笑)。なりきるという意識もなくて、本質的には自分の延長線上というか、その枠を越えずにやっていると思うんですけど、そこに嘘がなければいいかなと思ってやっています。」とコメント。

今後の目標については、「目標とかは特に無いのですが、地道に1本1本一生懸命頑張りたいと思います。」と語った。

太賀は現在、出演映画「アズミ・ハルコは行方不明」が公開中!
また、2017/5/6(土)に全国公開する映画「追憶」が控えている。
2017年の出演作品にも是非ご期待ください!

pagetop

page top
Acheter Vimaks

in detail

посмотреть

подробнее