shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「PARKS パークス」トークイベント!

永野芽郁出演映画「PARKS パークス」トークイベントが、4/2(日)コピス吉祥寺にて行われ、瀬田なつき監督とともに永野が出席した。

2017年5月に、開園100周年を迎える井の頭恩賜公園。吉祥寺の街とともに歩み、戦前からの長い歴史を通して愛されてきたこの公園を舞台に、画期的な映画が誕生した。同作が描くのは、公園の過去、現在、そして未来。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく。さまざまな人々が忘れがたい時間を共有し、やがて去っていく公園のような映画。かぎりなくオープンで自由で、祝祭の高揚感にあふれながら一抹の哀切な後味を残す、極上の青春音楽映画が完成した。

井の頭公園脇のアパートで暮らす大学生・純(橋本愛さん)の元に、突然訪ねてきた高校生のハル(永野芽郁)。遺品の手紙の差出人であるハルの父親のかつての恋人(石橋静河さん)を、ふたりは探すことになる。しかし、探し当てた恋人の家には孫のトキオ(染谷将太さん)がいて、彼女の死を告げる。だが、彼女の遺品の中に1本のオープンリールテープがあるのをトキオが発見。そこにはハルの父親たちのラブソングが録音されていた。50年前に作られたその曲は、テープの状態からか途中までしか聴くことができない。その続きを自分たちで作ろうと3人は…。

同作は吉祥寺が舞台の物語となっているが、永野自身も吉祥寺には縁があるという。「小学3年生のときに、吉祥寺の街でスカウトされました。今も吉祥寺には買い物に来ます。『ひるなかの流星』(永野主演・公開中)という作品でも吉祥寺に撮影に来て、2つ見比べると楽しいと思います。」と語った。

役作りについて聞かれると、「小さい頃、自分が実際に歩いた道や行った場所で撮影したので、見守ってもらっているような感じがして、自然体で演じることが出来ました。監督からは、ここは絶対こうしてほしいということはなくて、やってみて、その場の流れで決めていくような感じだったので、自分の中でも決めすぎずお芝居を出来たのがハルに近づけた一番の理由かなと思います。」と話した。

共演の橋本愛さん、染谷将太さんの印象については、「橋本さんと一緒に走るシーンが多くて、井の頭公園をあーだこーだ言いながら走るシーンはすごく楽しかったです。橋本さん、染谷さんはお芝居がすごくてついていくのが精一杯で、2人はアドリブを入れるんですけど、それが自然の会話にしか聞こえなくて、本当にすごいなと思いながら撮影をしていました。」と話すと、瀬田監督から「芽郁ちゃんもそこにものすごく溶け込んでいました。“こんな動きするんだ”と毎カットに発見があって、見ているだけで楽しかったですし、3人のセッションが想像を超えて、撮影をしていても楽しかったです。」と言葉を掛けられると「うれしいです!」と笑みを浮かべていた。

最後に、「温かく気持ちが穏やかになる作品だと思います。お友達と観るのもいいですが、家族と観に行ってほしいという気持ちがあります。映画の中ですごくリラックスした時間が流れていると思うので、それを皆さんにも感じてもらいたいなと思います。ぜひ観てください。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画『PARKS パークス』は、4/22(土)テアトル新宿にて公開、4/29(土)より吉祥寺オデヲン、以降も立川・横浜・大阪・新潟ほか全国順次公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
интернет магазин нарядные детские платья

узнать больше

книжные магазины

Ssanyong Rexton аккумулятор купить