shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

高梨臨 NHK大河ドラマ「西郷どん」出演者発表会見!

高梨臨が、NHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年1月スタート)に出演することが発表され、4/12(水)NHKで行われた出演者発表会見に高梨が出席した。

2018年の大河ドラマは、林真理子さん原作、中園ミホさん脚本による「西郷どん」。薩摩の貧しい下級武士に生まれた主人公・西郷隆盛こと吉之助が、様々な人物との出会いを経て、開拓者へと成長していく姿が描かれる。

西郷吉之助(隆盛)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。
盟友・大久保一蔵(利通)との深い友情や反目。生涯の師・島津斉彬との出会い。篤姫との淡い恋。3度の結婚、2度の島流し…波乱の生涯のなかで、唯一無二の揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。

高梨は、西郷が年貢を徴収する役人の補佐として働く中で出会う貧しい農民の娘・ふきを演じる。困窮する自分たちを救おうと奔走する西郷に心を寄せるも、薩摩藩の厳しい財政難のしわ寄せから、身売りされる運命に。やがて、奇妙な縁で西郷や薩摩藩士たちとの再会を果たすという役どころだ。

会見にて高梨は、「私自身、初めての大河ドラマの出演ということで、大変光栄に思っております。主演の鈴木亮平さんとは朝ドラ『花子とアン』以来の共演、中園ミホさんとも『花子とアン』で醍醐亜矢子というオリジナルのキャラクターで、そして今回も、ふきというオリジナルキャラクターでご一緒させていただきます。ふきがどう成長していくのか脚本をとても楽しみにしていますし、西郷さんに正義感を目覚めさせる役どころなので、そうなれるよう、日々精進していきたいと思います。よろしくお願いします。」とコメント。

主演の鈴木亮平さんの印象について、「普段はとても優しくて面白いのですが、役に対してのアプローチがとても真面目な方なので、そういったところを見習いながら一年間、ご一緒させていただきたいです。」と話した。

この日は、西郷隆盛の運命に大きな影響を与える薩摩のキーパーソン9名を発表。夏からスタートする撮影を前に、「人見知りなので、皆さんに話しかけていただけると嬉しいです。」と話すと共に、冷え性だと告白する出演者に同調し、「寒がりの方が多かったので嬉しく思っています。」と笑顔を見せた。

NHK大河ドラマ「西郷どん」は、2018年1月放送スタート!
ぜひご期待ください。

pagetop

page top
Patent application in Ukraine

yeti or orca cooler