shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

濱田岳 NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見!

濱田岳が平成29年(2017年)度後期、NHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演することが発表され、4/20(木)NHK大阪で行われた出演者発表会見に濱田が出席した。

NHK連続テレビ小説97作目となる同作の舞台は、明治の後半から第二次大戦直後の大阪。
吉本興業の創業者・吉本せいさんをはじめ、当時活躍した芸人・文化人などさまざまなお笑いのパイオニアたちの人生をヒントに、いつも周りに笑いをふりまくヒロイン・藤岡てんが、ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになるまでのストーリーを、笑いと涙のオリジナルエピソード満載で描かれる。

藤岡てんは、京都で古くから続く薬種問屋「藤岡屋」の長女に生まれ、厳しい父から「人前で笑ってはいけない」と教わり育つ。
しかし、大阪船場の米穀商の跡取り息子・北村藤吉との出会いがてんの人生を一変させる。根っからの芸事好きで、「人生には笑いが必要」という考えの持ち主の藤吉と衝撃的な恋に落ちたてんは、親の反対を振り切って駆け落ち同然に藤吉と結婚。笑って生きる喜びに心躍ったのもつかの間、芸事好きが高じて家業をおろそかにする藤吉がとうとう店を傾かせてしまう。その時、てんは決意する。
「あんさんが好きなその笑い、商売にしてみませんか?」
その一言から、素人同然の夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、二人三脚の大冒険の旅が始まるのだった。

濱田は、てんの従兄・武井風太を演じる。
風太は「藤岡屋」の使用人として働き、幼い頃からてんと一緒に育てられる。仲の良い兄のような存在だが、てんからは常に弟扱いを受けるが、じつはてんのことを密かに好いており、てんを守るためなら命もかける熱いの青年。てんが藤吉と一緒になって以降も、てんのために身を粉にして働くことをいとわず、終生の忠誠を誓う一本気さが可愛い男、という役どころだ。

会見にて濱田は、「“朝ドラ”に出させていただくのは初めてで緊張していて、あと責任を感じております。観てくださった皆様に、素敵な朝をお届けできるように、すごく真剣に、たくさんふざけて、監督に一回怒鳴られるまではやってみようと思います。よろしくお願いします。」とコメント。

自身が演じる役の印象について、「厳しいツッコミにも耐えられる心も体も丈夫な男性。てんちゃんに家族に混ぜてもらうきっかけを作ってもらうのですが、そのことをずっと大事に思いながら、てんちゃんをどうにか支えられないかと頑張る健康優良児だなと思いました。」と話した。

今後の撮影について、さらにヒロイン・てんを演じる葵わかなへ、「初めてのことなので、長期に渡る大阪での生活は不安の1つでもあるのですが、てんちゃんを前にして“今日帰りたい…”とは言えないので、そこはグッとこらえて頑張ろうと思います。役柄同様、(てんを)支えていく気持ちは今から持っています。つらかったり愚痴りたくなったり、強く“ドンっ!”としたい気分になったら、僕も嫌いではないのでやっていただければ(笑)。」と話すと、会場から笑いが起こった。

NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、10/2(月)より放送開始。(全151回)
ぜひご期待ください。

pagetop

page top
ここに

www.majbutne.com.ua

аккумуляторы Днепродзержинск