shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」完成披露試写会!

本郷奏多声優出演映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」完成披露試写会が、7/2(日)TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、監督・共演者とともに本郷が登壇した。

夏はポケモン!昨年の夏にシリーズ累計動員が7400万人を超え、大ヒットを記録し続ける「ポケモン映画」。ついに今年、映画公開20年目を迎えた。記念すべき20作目のタイトルは、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。本作では、今やパートナーとして堅い絆で結ばれている、サトシとピカチュウが初めて出会い、伝説のポケモン・ホウオウに会うための旅に出ながら、互いにパートナーと認めるまでの成長物語を、完全オリジナルストーリーで描く。

本郷は、ポケモン博士を目指すトレーナーの少年・ソウジの声優を務める。

上映前舞台挨拶に登壇した本郷は、会場に詰め掛けた約1600名の親子を前に、「みんな、こんにちは!ルカリオが相棒のソウジという男の子の声をやっています、本郷奏多です。はじめまして。私はですね、日頃こういう陽の当たる作品をあまりやっていないので、子どもたちのキラキラした目を見て、すごく違和感があるんですけど、今日は楽しんで一緒にやらせていただけたらなと思います。よろしくお願いします。」と笑顔で挨拶。

幼少期からポケモンアニメに親しんでいたという本郷は、今回の出演について、「ポケモンが放送される曜日には、遊びに行かず家に帰って観ていたほど好きだったので、出演できて本当にうれしいです。」と話した。

舞台挨拶では、本作が劇場版の20作目であることにちなみ、登壇者の20年前の姿を収めた写真をスクリーンに映しながらトークを展開。ローラーブレードをつけた6歳頃の写真が披露された本郷は、「この時は、今とは違ってわんぱくな少年でしたね。今はもう、ただの引きこもりです(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

さらに、当時の自分にどんな言葉をかけるかと問われ、「熱心にポケモンのアニメを観ていた頃だと思うので、“20年後にサトシと一緒に冒険できるぜ!”みたいに声を掛けてあげたら、すごく喜ぶんだろうなと思います。『ポケモン』はこれからまた何十年も続いていくコンテンツだと思うので、みんなももしかしたらサトシと一緒に冒険できる日が来るかもしれないね。だからずっとずっと、ポケモンを好きでいてくれたらうれしいなと思います。」と会場の子どもたちに呼び掛けていた。

映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、7/15(土)全国公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
そこ

more information