shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

椎名桔平 ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」記者発表会見!

椎名桔平出演ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」の記者発表が7/11(火)東京ヘリポートで行われ、椎名他キャストが会見に11名が出席した。

2008年7月、日本初にして唯一のドクターヘリをテーマに取り上げた連続ドラマ「コード・ブルー」がスタート。大好評の内に全11回の放送を終え、翌2009年1月にスペシャルドラマ、2010年1月には「セカンドシーズン」を放送。そして、2017年7月に7年ぶりに「コード・ブルー」が月9に帰ってくる。

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」でも「ファーストシーズン」「セカンドシーズン」と変わらず、あくまでも「より多くの人命を救う」ためにかつてはフェローだった主人公・藍沢耕作ほか5人の医師・看護師が救命救急の最前線で活躍する姿を描く。

椎名は翔陽大学付属北部病院/救命救急センターの救命急部長・橘啓輔を演じる。
「セカンドシーズン」では藍沢らフェローを指導しながら救命医として活躍する姿が中心に描かれていたが、復縁した三井環奈との間の一人息子との物語が描かれていく。

椎名は「今回は部長ということで、よりみなさんをまとめていく役ですけど、「コード・ブルー」は僕の周りにもファンが多くて、楽しみにしているという声を多く聞きます。月9を何度もやらせていただいていますが、本当に華やかな月9が戻ってきたなと感じています。楽しみにしてほしいです。今回は奥さん役のりょうさんと病にかかった息子と橘家の親子のエピソードが描かれていますので、医者も個人的にいろんなことを抱えているという部分をしっかり表現できればと思っています」と挨拶。

もし自分がドクターヘリで搬送されることになったら自分以外の誰に治療されたいかの質問に「やっぱり藍沢先生(山下智久さん)ですかね。役もそうですけど、非常に頼りになる男です」と答えた。

2ndシーズンと本シリーズで変わったところ、変わらないところについては「変わらないところは主役5人の人柄、仲の良さ、製作陣の作り出す信頼できる雰囲気はより強くなってますね。変わったところは2ndシーズンの時に自分の子供が産まれたんですけど、父親の実感を持てる人間として、息子とのエピソードをしっかり表すことができればと思っております」と語った。

ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」は7月17日(月)21:00スタート。初回のみ30分拡大。
ぜひ、ご期待ください。

pagetop

page top
читать далее

купить аккумулятор в Кировограде