shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

松雪泰子 「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第二弾発表会に出席!

松雪泰子が、7/18(火)都内で行われた「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第二弾発表会に出席した。

「藤沢周平 新ドラマシリーズ」とは、オリジナル時代劇を企画・制作し続ける時代劇専門チャンネルが、2015年から藤沢周平の数多の時代小説から選び抜かれた珠玉の作品を映像化した一大プロジェクト。
BSスカパー!、時代劇専門チャンネル、BSフジ、スカパー!4K総合といった、各局横断のメディアミックスコラボレーションを実現し、これまでに5作品が制作された。

この日は、ドラマシリーズ第二弾として、名作短篇集『橋ものがたり』から、「小さな橋で」「吹く風は秋」「小ぬか雨」の3篇、さらに、前2作が好評を博した「三屋清左衛門残日録」の新作制作を発表。
『橋ものがたり』は、多くの人間が行き交う江戸の橋を舞台に、江戸の市井に生きる庶民の哀歓、交錯する様々な人間模様が綴られた連作短篇集で、松雪が主演する「小さな橋で」は、絶望と倦怠感の中で暮らす3人の家族との別れと絆を描いた物語。国民的ドラマ「北の国から」シリーズをはじめ、ドラマ性豊かな演出で感動を生み出し続ける杉田成道さんが監督を務める。

杉田監督が手掛ける時代劇に出演するにあたり松雪は、「覚悟はしましたが、先入観を持ちすぎても純粋に作品に向えないのかなと。撮影前にリハーサルを入念にやらせていただき、厳しくもありましたがその時間が素晴らしい財産になりました。」とコメント。

リハーサルを振り返り、「“こうしてみようかな”というイメージをして臨むのですが、それを監督にことごとく破壊され、でもそれが楽しくて。人間の造形を作るために、1ミリももらさず感情がドライブしていくように演出してくださって、俳優としてやりがいがありましたし、挑戦でもありましたし、しっかりと応えていきたいという気持ちで演じさせていただきました。」と話した。

また、自身が演じる母・おまきについて、「監督の演出なのですが、すごく感情を放出する役柄。最初はここまでエキセントリックに表現して大丈夫かと思ったのですが、リハーサル後に本読みをやり、振れ幅が大きければ大きいほどストンと収まったような感じがしました。そこにきちんと存在し生きながら、弱さやいろいろな面をしっかりと出せたらいいなということだけを思って演じていました。」と話すと共に、「撮影中にあるシーンでNGをいただいて、その時に監督が“時代劇じゃないから”とおっしゃったんです。時代劇の撮影なのですが、人間・家族・母の日常を切り取っている。私もそういう感覚で(撮影場所である)京都にいた気がします。」と撮影の様子も語った。

そして最後に、「しっかりと心に沁みわたる作品になっていると思いますので、楽しんでいただきたいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

ドラマ『橋ものがたり』「小さな橋で」は、BSスカパー!にて9/18(月・祝)18:00~放送。
ぜひご期待ください!

【「小さな橋で」物語】
父・民蔵(江口洋介)が突然姿を消してから4年、十歳の少年・広次(田中奏生)は母・おまき(松雪)、姉・おりょう(藤野涼子)と3人で暮らしている。飲み屋で懸命に働きながらも自分の元を去った父に恨み言をこぼす母。広次はそんな母を複雑な思いで見つめていた。
そんなある日、母とのいさかいが絶えなかったおりょうが、妻子持ちの男と駆け落ちしてしまう。娘をも失った母は心身ともに疲れ果て、飲み屋の常連客の男にすがろうとする。そんな母の様子に、広次は嫌気がさし、葭原で寝転んでいると、男たちに追われている父と偶然再会する…。
(敬称略)

pagetop

page top