shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 主演映画「恋と嘘」完成披露試写会!

森川葵主演映画「恋と嘘」完成披露試写会が、9/6(水)に行われ、監督・キャストと共に森川が登壇した。

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも大絶賛されている本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化。

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太さん)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

森川は、仁坂葵役を演じる。
幼い頃から“政府通知”に憧れ、通知の相手と幸せに結ばれることを夢見ている。普段はどのクレープを頼むか決められないほどの優柔不断。しかし、小さい頃には、お遊戯会で他の女の子にヤキモチを焼いていきなり司馬にキスするくらい一直線な面もある。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した森川は、「皆さん、こんにちは。私こうしてキャーと言ってもらえることがなかなかないので嬉しいです。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

映画の見どころについて聞かれ、「葵が2人(司馬・高千穂)に対して“ほっぺツン”をするシーンがあるんですけど、そのときの2人の表情がかわいいです。高千穂はクールな役なんですけど、そのときは本気でびっくりしていて、若干素が出てるんじゃないかという表情をしているので、そこはぜひ注目して観てもらいたいです。」と語った。

さらに物語にちなみ、実際に“政府通知”が来るシステムがあったらどうするか?という質問には、「本当に結婚するかは置いておいて、どういう人が自分に合っているのかを会って確かめてみたいです。」と話した。

そこで舞台挨拶では、国民の遺伝子を分析した上で、“最良”のパートナー=結婚相手を政府が選ぶ恋愛禁止の世界にちなんで、ゲッターズ飯田さんが登壇し、観客の中から事前に答えてもらったアンケートを基に、キャスト3人にふさわしい“最良”の相手を選出。「政府通知が来る感覚!」と目を輝かせた森川だが、選ばれたのは女性。少し複雑な表情を見せながらも、「ぜひ友達からお願いします!」とにこやかに握手を交わした。

最後に、「私はこの撮影期間中に匠海くんと寛太くんという素敵なパートナーに出会えました。もしよかったら友達に薦めたり、SNSに書いてみたりしてもらえたらうれしいです。一人でも多くの方にこの素敵な映画を観ていただいて、身近にいる大切な人の存在に気がついてもらいたいなと思います。ぜひこの作品をみんなで盛り上げていきましょう。よろしくお願いします。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「恋と嘘」は、10/14(土)全国公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
купить чай киев

также читайте