shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

窪田正孝 ドラマ「アンナチュラル」出演決定!

窪田正孝が2018年1月からスタートするドラマ「アンナチュラル」(TBS)に出演することが発表された。

同作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』などで知られる野木亜紀子によるオリジナル脚本で、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子といった女性クリエーターたちが名を連ねる一話完結の医療ミステリー。

日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」舞台に、日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”の三澄ミコト(石原さとみ)がクセの強いメンバーたちと共に、そこに運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく。

窪田は、UDIラボでで働く記録員で医大生・久部六郎を演じる。三澄班にはバイトとして雇われ、解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担当。医者一家の三男坊で、三浪した挙句に三流医大に入ったものの、情熱を傾けられないまま今に至るが、UDIラボでは遺体の検案や現地調査にもついてまわり、法医学という未知の世界を徐々に知っていくことになるという役柄だ。

出演にあたり窪田は、「UDIラボ・記録員 久部六郎を演じさせて頂きます。あどけない青年で、無垢な心をもった新人さんです。このドラマの視聴者の方の目線としての役どころも含まれているので、医学を題材にした作品は初で緊張感もありますが、六郎を通じて体現していきたいです。新井プロデューサー、塚原監督をはじめ、『Nのために』チームと再びご一緒できて、本当にうれしく思います。さらに、脚本の野木さんとは初めてご一緒させていただくので、大変光栄に感じています。セリフ遊びが沢山ある台本で、読んでいてとてもわくわくします。石原さとみさんをはじめ、キャスト、スタッフの皆さんから刺激を受けながら、六郎の成長、役目、役割を丁寧に演じていきたいと思っています。宜しくお願い致します。」とコメントを寄せた。

ドラマ「アンナチュラル」は、TBSにて2018年1月より毎週金曜22:00~放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

pagetop

page top