shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「恋と嘘」初日舞台挨拶!

北村匠海出演映画「恋と嘘」が、10/14(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿にて行われた舞台挨拶に北村が登壇した。

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも大絶賛されている本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化される。

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川葵)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太さん)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

北村は、司馬優翔役を演じる。クラスの人気者で、葵の幼なじみ。小さい頃から葵のことがずっと好きだが、政府通知の制度があることによりなかなか告白することができない。葵の政府通知のパートナーが自分だったら、と願っている。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した北村は、「僕たちからすれば、取材などをしてきて、今日公開して、やっと作品を世に出すことができました。一度観た方も、何度も観てほしいですし、他の人にも広めてほしいと思います。ぜひともこの映画を愛してください。今日はありがとうございます。」と挨拶。

古澤健監督の現場について、「現場で監督がモニターではなく生のお芝居を見ていてくれていて、僕らのお芝居に対してのレスポンスも早かったので、撮影現場ではいろいろな発見を得たような気がします。」と話した。

“政府通知はあり?なし?”という質問に、「あり」と回答した北村は、「政府が誰しもに同等に幸せを分け与えている世界なので、僕はすごく素敵な制度だと思います。」と語った。

最後に観客の皆さんに向けて、「今日という日を迎えられたことを嬉しく思います。映画は公開した日がスタートなので、作品に込められた、自分にとっての幸せを選んだり迷ったり、そういうことの美しさを、この先映画を観てくれるたくさんの方々に、まずは皆さんが伝えてもらえたらと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「恋と嘘」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top
buysteroids.in.ua/kupit-zhiroszhigateli/clenodyn.html

ka4alka.com.ua

www.dekorde.com