shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「嘘八百」完成披露試写会!

森川葵出演映画「嘘八百」完成披露試写会が、12/17(日)に行われ、監督・キャストとともに森川が登壇した。

同作は、千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメント。大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかにーー?

森川は、古物商・小池則夫(中井貴一さん)の娘、大原いまりを演じる。

この日は、総勢12名が登壇。拍手で迎えられた森川は、「いまり役を演じさせていただきました、森川葵です。面白い話をされる大ベテランの方がたくさんいらっしゃいますので、私の挨拶はこのぐらいで(笑)。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

作品の内容にちなみ、今年を振り返って大勝負に出たことについて問われると、「今年頭に大勝負に出たオーディションがありました。この撮影をしていたときだったので、中井貴一さんに相談をしていて、“お前なら大丈夫”と言っていただいていたんですけど、結果ダメだったんです。その連絡をした返信が、“良かったじゃないか”と。私はすごく落ち込んでいたので、良かったってどういうことだろうと思って読み進めていったら、“お前はそれに落ちたことで他の良い作品に巡り合える。今はそのタイミングではなかっただけだ。”と書いてありました。それで“よし、これからあるオーディションをがんばろう”と思えて、今年一年、良い作品にたくさん出会えたので、貴一さんに言っていただいた“オーディションに落ちて良かった”という言葉を信じて、仕事を頑張って良かったなと思いました。」と話し、笑顔を見せていた。

映画「嘘八百」は、1/5(金)全国公開!
ぜひご期待ください!

pagetop

page top