shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

林遣都 ドラマ「FINAL CUT」制作発表!

林遣都出演ドラマ「FINAL CUT」(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)の制作発表が、1/6(土)都内の撮影スタジオにて行われ、共演者らと共に林が出席した。

同作では、母のための復讐×許されざる恋をテーマにメディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が描かれる。
誰もがSNSなどで映像を発信できる“コンテンツメーカー”となり、指先ひとつで簡単に誰かを傷つける「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、“メディア”に人生を翻弄されてしまう人々がいる――。
主人公・中村慶介は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。
12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始める。
復讐の矛先が向けられるのは、当時、先陣を切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、スタッフたち、そして事件の真相の鍵を握る姉妹。慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。慶介は素性を隠してターゲットに近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。しかし、姉妹に近づくうち、慶介は初めて人を深く愛してしまう。それが復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに…。
はたして、事件の真犯人は誰なのか?慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?そして、許されざる恋愛の行方は――。

事件の取材・放送に関わったテレビ番組のディレクター・小池悠人を演じる林は、制作発表にて「本当に挑戦的なドラマという印象があって、初めて脚本を読ませていただいた時にこんなところまで描いていいのかって思う部分がたくさんあり、メディアの危うい部分を演じる立場なので、リアルに見えるようにしっかり演じていきたいと思っています。ぜひ見て下さい。よろしくお願いします。」と挨拶。

タイトルのファイナル“カッ(勝つ)”トにちなんで、今年の勝ちたい事を聞かれると「マヌケな自分に勝ちたいと思っています。忘れっぽいところがあって今日も本を読みながら電車乗り過ごしましたし、そういった部分を直していきたいなと思います。」と話した。

共演者の意外な一面について話題が挙がると、「(主演の)亀梨和也さんとは20歳の時に1度お食事をしたことがあって、初対面だったのですが、ものすごく優しくて男らしい記憶が鮮明に残っていて、(亀梨さん演じる)中村慶介はそんな亀梨さんとはかけ離れていて凄まじかったです。昨日初めて対面するシーンを撮ったのですが、12年間苦しんできた復讐心に満ち溢れた感じがヒシヒシと伝わってきて、殺されるかと思いました(笑)。緊張感のあるシーンが撮れて良かったです。」と話し、笑いを誘った。

ドラマ「FINAL CUT」は、カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて1/9(火)~毎週火曜よる9時放送!(初回15分拡大)
ぜひご期待ください。

pagetop

page top