shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

窪田正孝 ドラマ「アンナチュラル」制作発表!

窪田正孝出演ドラマ「アンナチュラル」(TBS)の制作発表が1/9(火)スペースFS汐留にて行われ、スタッフ・キャストと共に窪田が登壇した。

同作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』などで知られる野木亜紀子によるオリジナル脚本で、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子といった女性クリエーターたちが名を連ねる一話完結の医療ミステリー。

日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」舞台に、日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”の三澄ミコト(石原さとみ)がクセの強いメンバーたちと共に、そこに運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく。

窪田は、UDIラボでで働く記録員で医大生・久部六郎を演じる。三澄班にはバイトとして雇われ、解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担当。医者一家の三男坊で、三浪した挙句に三流医大に入ったものの、情熱を傾けられないまま今に至るが、UDIラボでは遺体の検案や現地調査にもついてまわり、法医学という未知の世界を徐々に知っていくことになるという役柄だ。

自身の役柄について窪田は、「新井順子プロデューサー、塚原あゆ子さんとは『Nのために』からで、まずはまたご一緒できることに感謝します。役柄としては、父親が一流の大学病院を経営していて、その中でさまよいながら“命とはなんだろう”という想いを持っている青年。僕自身も六郎としても初めて法医学に飛び込んだところもあるので、視聴者目線という役割もあるのかなと思っています。」とコメントすると共に、「解剖のシーンを撮影してこんなに大変なんだと実感したり、やってみないと分からないことを現場でたくさん学んでいます。ひとりひとりが職人となって媚びることなく、自分の任務を全うして出来上がった作品。(塚原さんの演出は)語る側よりも受け取り手のリアクションをすごく大切にとらえていて、一方通行ではないところが見ごたえだと思います。」と撮影を通して感じた思いを話した。

その後、第1話を観た感想を聞かれ、「テンポも良く、見ごたえもあって、インパクトのある幕開けになると思います。また、この作品は法医学ミステリーではありますが、観たときに人間群像劇だなと思いました。生きることって大変で苦しいこともあって、いずれ命はなくなるけれど、それまでに何をするか、どういう死に方をするのかということを感じる瞬間がいっぱいありました。」と答えた。

さらに、三澄班として三澄ミコト役の石原さとみさん、東海林夕子役の市川実日子さんとの共演シーンが多いという窪田は、「お2人の会話のテンポが良くて、近くで見れて新鮮でしたし、男性にはない女性特有の感覚があって…」と話すと、石原さんと市川さんが“へぇ~”と口をそろえ、「この席居ずらいです(笑)。」と窪田が困惑する一幕も―。その後、気を取り直し、「お2人が話している時に、基本的に六郎はしゃべる間がなくて。(台本の)1ページ、2ページを話した後に六郎がタイミング良く一言を言わないと丸潰れになってしまうので、責任重大で難しかったです。」と苦労を明かした。

作品のテーマにちなみ、生きていると感じる瞬間は?という質問があがり、「仕事が終わって家でシャワーを浴びている瞬間、“今日は頑張った。寝られるぞ!”って時に生きてるなと感じます。」と身振りを交えながら話した。

その後、第一話プレミアム試写会が行われ、上映前の舞台挨拶で窪田は、「明けましておめでとうございます。法医学とはうたっていますが、人間関係に満ち溢れ、生きるということに焦点を当て、命に力を注いだ作品。楽しんでください。」とPR。その他にも共演者たちの仲の良さが伺えるトークが繰り広げられた。

ドラマ「アンナチュラル」は、TBSにて1/12(金)より毎週金曜22:00~O.A!(初回は15分拡大)
ぜひお楽しみください。

(敬称略)

pagetop

page top
www.velotime.com.ua

https://dxtranss.com.ua

https://yarema.ua