shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「伊藤くん A to E」公開記念舞台挨拶!

岡田将生W主演映画「伊藤くん A to E」が1/12(金)公開初日を迎え、翌1/13(土)TOHOシネマズ新宿にて行われた舞台挨拶に、岡田が登壇した。

同作は、「ランチのアッコちゃん」をはじめ、数々のヒット作を生み出し、あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家・柚木麻子さん初の直木三十五賞候補作となった会心の恋愛小説を、『ヴァイブレーター』『さよなら歌舞伎町』など深く人間心理をあぶり出し、海外でも高い評価を受ける実力派・廣木隆一監督が製作陣からの熱烈なオファーを受け映画化。女性たちを振り回すモンスター級【痛男(いたお)】と、なりふり構わず再起を狙う崖っぷちアラサ―【毒女(どくじょ)】を中心に、予測不能な震撼恋愛ミステリーが幕をあける。

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々に追い詰められていく。

岡田は、容姿端麗だが、自意識過剰、無神経すぎるモンスター級【痛男(いたお)】伊藤誠二郎を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて岡田は、「9:40からの回ということで、朝早くからこの映画を選んでいただき、ありがとうございます。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

自身が演じた役について、「伊藤は自己中ではありますが、自分の世界を持っているところは僕にとって憧れ。尊敬ではないですが、うらやましいと思ってしまう部分がありました。すごく演じがいがあって楽しかったです。」と話した。

その後、同作が伊藤くんに出会ったことで新しい一歩を踏み出す女性たちを描いた物語にちなみ、今年自分の“ココ”を成長させたい、変わりたいと思っていることは?という質問を受け、「毒を吐く。自分の中で溜め込んでしまうので、溜めないように毒を吐き続ける年にしようかなと思います。」と宣言。すると莉桜を演じた木村文乃さんから“試しに練習してみて”と言われ、この日のどの調子が悪かったことをあげ、「なんでこんな大事な日に、のどをやってしまったんだ。バカヤロウ。」と言うと、“それは毒じゃなくて、反省だよ”とツッコまれ、会場の笑いを誘っていた。

そして最後に、「ぶざまで、もがいている人って綺麗な人を見るより心に響くというか、そんな登場人物の心情を感じていただけたのではないかと思います。僕自身、「伊藤くん A to E」はすごく大切で挑戦した作品。皆様の心にこの映画が残っていたら幸いです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「伊藤くん A to E」は現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

pagetop

page top