shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

森川葵 ドラマ「明日の君がもっと好き」記者会見!

森川葵出演ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)記者会見が1/18(木)都内で行われ、共演者と共に森川が出席した。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原隼人)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩む丹野香(森川)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人☓オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。
さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

森川は、亮が働く『丹野園』社長・文彦の一人娘・丹野香を演じる。亮とは兄妹のように一つ屋根の下で育つが、現在は実家を出て一人暮らし。自分のセクシャリティーに悩みを抱え、昼は工事現場で男っぽく、夜は一転、フェミニンな装いに身を包みガールズバーで働きながら、自分の性的アイデンティティーを探している。亮に好意を抱いているが、それが女性としての恋心なのかがわからず苦しんでいる、という役どころ。

会見にて同作の印象を森川は、「真っ直ぐな愛情を持っている人がいないなと思いました。それを見ていて面白く感じたのですが、人間ってなかなか真っ直ぐにはなれないよなって。意外とこれが人間として普通な人たちを描いているのかなと感じるようになりました。」とコメント。

この日は、森川演じる香が働くガールズバーで、ドラマで重要なシーンを繰り広げる「桃の秘密」のスタジオセットで会見が行われ、森川はガールズバーで働く際の衣装で登場。自身が演じる役について、「女性らしくしていないほうが、そのままの香のような気がしていて、女性らしい格好をしているほうがコスプレを感じます。なので、この格好で皆さんの前に出ているのが香としては恥ずかしいです(笑)。香は二面性ではないですが、いろいろな姿を持っている女の子。人とは違った“好き”を持っていて、でも普通のひとりの女性として演じるようにしています。」と語った。

登場人物たちが運命に翻弄されていく姿を描いていることから、自身が経験した運命の出会いは?という質問があがり、「爪先の部分だけの5本指の冷え取り靴下です。私は末端冷え性で、手とか爪先がすごく冷えるんです。去年の冬に紹介していただいて、それを履くようになってから爪先の冷えが取れるようになって。運命の出会いを感じました。女性の方におススメです!」と笑顔。この日も履いていたそうだが、パンプスから見えていなかったことから、女性キャスト陣が興味津々の様子で聞き入っていた。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、テレビ朝日にて1/20(土)より毎週土曜23:05~O.A!
ぜひお楽しみください。

pagetop

page top