shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中山莉子映画「咲-Saki-阿知賀編」初日舞台挨拶!

アイドルグループ・私立恵比寿中学(通称エビ中)メンバー・中山莉子が出演している映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side A」が、1月20(金)より新宿バルト9ほか全国公開された。公開初日1月20(金)に新宿バルト9で舞台挨拶が行われ、他共演者と共に中山が出席した。

鷺森灼役を演じる中山は、「初日を無事に迎えられて大変嬉しいです。私たちの麻雀への熱い思いを受け取ってもらえたらと思います」と挨拶。
主演の桜田ひよりさんに「灼ちゃんがすごく好き!表情は豊かじゃないけど、困ってたり励ましてくれたりするようなところを声で伝えてくれるとことが大好きです。」といきなりの告白に驚きつつ、「準決勝に行く姿、真剣な表情が好きで心を打たれた。」と桜田ひよりさん演じる高鴨穏乃の好きなところをあげ、好きのお返しをした。

最後には、イベントでは、登壇者たちによる “牌投げ”も実施。観客席めがけて麻雀牌を投げると、会場からは大きな歓声が上がった。

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side A」は、新宿バルト9ほか全国公開中。
ぜひ、劇場でご覧ください。

<ストーリー>
全国高校麻雀大会・奈良県予選で強豪を打ち破り、インターハイ団体戦への出場を決めた阿知賀女子学院・麻雀部の5人。高鴨穏乃は長野県代表・清澄高校の主力選手、原村和と子どもの頃に麻雀を打ったことがある幼なじみ。 彼女ともう一度対局したい。強くなった自分を見て欲しい。そして、あの頃の麻雀の楽しさをもう一度、感じたい......。
その一心で、ここまで勝ち抜いてきた彼女たちだったが、清澄と戦うためには決勝に駒を進めねばならない。準決勝に進出した彼女たちの前に、全国レベルの強豪校が立ちはだかる。中でも西東京代表の白糸台高校は清澄高校の大将、宮永咲の姉で、無敗を誇る絶対王者、宮永照率いる優勝候補チーム。
無名校の阿知賀にとって、それはあまりにも高い壁だった。
大将の一年生、高鴨穏乃をはじめとする阿知賀の面々はこの強敵にどう挑むのか?
運命の戦いが、ここに幕を開ける......。

■「咲-Saki-阿知賀編 episode of side A」


■私立恵比寿中学オフィシャルサイト

pagetop

page top