shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

竹内結子 「連続ドラマW イノセント・デイズ」出演決定!

竹内結子が、3月よりスタートの「連続ドラマW イノセント・デイズ」(WOWOWプライム)に出演することが発表された。

同作は、作家・早見和真さんの同名ヒューマン・サスペンス小説を映像化。佐々木慎一は、幼なじみの女性確定死刑囚が犯したとされる罪の真偽に疑問を感じる。彼女はなぜ死刑を受け入れたのか、そして彼女が犯した本当の罪とは何だったのか。死刑執行が迫る中、無実を信じ調査を進める慎一は、彼女の壮絶な半生を知るとともに、意外な真実にたどり着く。

竹内は、罪を犯したのかどうか、今彼女は何を思うのか、本当の想いを誰に分からせないままなぜか皆を惹きつける女性確定死刑囚・田中幸乃役を演じる。

今作への出演に竹内は、「初めにオファーと台本をいただいた時、幸乃という女性の生き方や人間性に興味を持ちました。誰かに必要とされたいという気持ちがとても強い女性で、ある時はとことん尽くしたり、都合のいい女になってしまったり、子どものような幼い部分もあって相手に強く依存してしまう。いろいろな人が幸乃について語るたびに彼女の印象が変わって見えて、なんだか不思議な人だな、どんな気持ちで過ごしているんだろうかと覗いてみたいような知りたくないような。読みながら、こういった役柄を私に振ってもらえたことが嬉しくて「よし、頑張ろう」と思いました。」とコメント。

自身の役柄について、「誰かが“つまづく瞬間”を代わりに引き受けることで自分が役に立つのなら、教えるのならという愛情のあり方が純粋すぎて恐ろしくもありますね。自身の死刑が確定した後の幸乃は、まるでようやく荷物を下ろせる場所をみつけられた安堵感のような気持ちでいて。真実を明らかにすることが彼女の願いではなく、すべてを語らずまるごと抱えて命を終えることが使命のように感じている。早くその日を迎えることを待ち望んでいるような、そんな気持ちが見えた時悲しくなりました。」と話した。

さらに見どころについて、「田中幸乃を通して、人の印象って見る人の心持ち次第で人間性そのものが違って見えるものだなと。正しいこと、「うん、そうなるよね」と共感した行為も、違う人からすればとんでもなく非情な行いであったり糾弾されたり恨まれたりもする。人を裁くってなんだろう、ある意味自身を汚さないまま人生を全う出来たのって幸乃なんじゃないか、そんなことを感じる作品です。そして、どんな幸乃であったとしても救いたいという一心で行動できる主人公、慎一さんの誰かを信じる心の強さに胸を打たれます。」と語った。

「連続ドラマW イノセント・デイズ」は、WOWOWプライムにて3/18(日)より毎週日曜よる10:00放送。(第1話無料放送)
ぜひご期待ください!

<ストーリー>
「被告人を死刑に処す」。佐々木慎一(妻夫木聡)は、幼なじみの田中幸乃(竹内結子)が、元交際相手の住むアパートに火を放ち彼の妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける姿を法廷で見つめていた。幼少期の幸乃を知り、そしてある負い目を持つ慎一は、彼女が真犯人ではないと直感。幸乃を救いたい一心で、味方を探して幸乃の姉や中学校時代の同級生など彼女の人生を知る様々な人々に会いに行くが、先々でその壮絶な過去を聞かされることになる。そしてともに幸乃の幼なじみで弁護士の丹下翔(新井浩文)と再会するも次第に意見が合わなくなっていく。一方で近づいてくる死刑の時を淡々と待つ幸乃。刑務官の佐渡山瞳(芳根京子)は、その姿になぜか惹かれ始めていた。
(敬称略)

pagetop

page top
www.lkredit.com.ua

http://cl24.com.ua

in detail oncesearch.com