shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」出演決定!

中川大志が4月からスタートするドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS)に出演することが発表された。

同作は、人気漫画家・神尾葉子が手掛ける累計発行部数6,100万部突破の大ヒットコミック「花より男子」のもうひとつの「花男」として、現在、集英社「少年ジャンプ+」にて連載中の同名コミックのドラマ化。
「花より男子」の主人公・牧野つくしと、道明寺司率いるF4フォーが繰り広げた超金持ち名門校・英徳学園を舞台に、F4が卒業してから10年、落ち目になった人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす「自分らしく生きる」ことがテーマの痛快青春ラブストーリーとなっている。

中川は、同作の主人公で英徳学園に通う“隠れ庶民、江戸川音の許婚・馳天馬を演じる。天馬はIT業界を牽引する経営者の御曹司で、英徳学園を猛追するライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める。文武両道でカリスマ性を備え持ち、生徒から絶大な信頼と人気を誇り、その様はかつてのF4を彷彿とさせるが、彼らのように弱者をいじめたりはせず非の打ち所がなく、母親を亡くした影響で自立心も強い人物。 亡き母親・美代子が音の母親と親友だったことから音とは幼馴染で婚約中、という役どころだ。

出演が決定し中川は、「思い返してみると、仲の良い親と唯一したケンカは「『花男』の最終回録画できてないじゃん!」でした。まだこの世界に入る前、毎週決まった時間にテレビの前に釘付けになり、ドキドキワクワクするテレビドラマの楽しさを教えてくれたのが『花より男子』でした。それから10年が経ち、今度は演者として、『花のち晴れ』という新たなドラマを、同じ世代の役者の皆さんと共に作れる時が来たなんて、信じられないくらいうれしいですし、とてもワクワクしています。馳天馬という絶対的な存在感を放つキャラクターをしっかりと説得力を持って演じきれるよう、自分自身も磨きながら臨みたいと思います。」とコメントを寄せた。

ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」はTBSにて4月より毎週火曜22:00~O.A。
ぜひご期待ください!

pagetop

page top