shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 映画「きばいやんせ!私」製作発表会見!

太賀出演映画「きばいやんせ!私」の製作発表会見が、2/5(月)都内にて行われ、太賀が出席した。

同作は、2015年の映画賞レースで数々の賞を獲得、第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表にも選ばれた大ヒット作「百円の恋」の武正晴さん(監督)、足立紳さん(脚本)の名コンビ最新作。日本本土最南端の町、鹿児島県の南大隅町を舞台に、将来を見失っていたテレビウーマンが町の奇祭を取材する過程で成長をしていく様を描いたヒューマン・コメディ。
本土最南端ならではの息を飲むほどの大自然をバックに、仕事に、恋にと奮闘するヒロインの姿に誰もが共感できる作品に仕上がること必至だ。

会見にて太賀は、「まだまだこれから撮影ということなので、楽しくお話しできればと思います。よろしくお願い致します。」と挨拶。

自身の演じる役柄を「僕が演じる太郎という役は南大隅町の酪農家の息子なのですが、(夏帆演じる)貴子とは元々同級生で、南大隅町に貴子が来ることによって、太郎が色々なところに連れて行ったりアテンドしていく関係性の中、一緒に町を盛り上げていくという役どころです。あと、町の祭の実行委員をやっています。」と紹介した。

また、撮影に向けての意気込みでは、「足立さんの脚本で武監督のもと、夏帆さんはじめ素敵なキャスト、スタッフの皆様と一緒に鹿児島で1ヶ月撮影できるのを本当に楽しみにしています。僕が演じる太郎という役は貴子と同級生という役どころで、働いている環境と場所は違えど、貴子と太郎は影響を与え合うような関係性であれたら良いなと思っています。貴子自身も町の人たちから気付かされることがあるだろうし、逆に町の人間も貴子から気付かされることがあると思っていて、どっちがどっちというわけではなくて、人と人の繋がりの在り方というものを太郎を通して表現できればいいなと思っています。」と語った。

同作は3/2(金)にクランクイン予定となっており、鹿児島での撮影で楽しみにしていることを聞かれると、「鹿児島は行った経験が無くて、ご飯もお酒も楽しみで、1ヶ月本当に楽しみです。」と笑顔を見せた。

映画「きばいやんせ!私」は、2019年初春公開予定!
ぜひご期待ください。

【ストーリー】
鹿児島県の南大隅町出身で東京のテレビ局で女子アナウンサーをしている貴子は、都会での競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、南大隅町や御崎まつりの取材を命じられる。嫌々ながら、故郷に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている役場の職員達、畜産業を守っている同級生、食堂の働く人、御崎まつりを続ける為に奮闘している町民に触れ、仕事との向き合い方とは何か、人間らしく生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身と元気を取戻し始め、取材に対しても本気になる。この町の文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

pagetop

page top