shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「坂道のアポロン」完成披露試写会!

中川大志出演映画「坂道のアポロン」の完成披露試写会が2/5(月)都内で行われ、監督・キャストと共に中川が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

中川は、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられる、薫のクラスメイト・川渕千太郎を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて中川は、「千太郎という役をいただいてから準備があって撮影をして…この役と共に過ごした時間が長かったので思い入れもありますし、僕自身、とても愛している映画です。皆さんに観ていただける日が来てちょっと寂しい気持ちもあるのですが、どういう風に受け取っていただけるのかドキドキワクワクしています。皆さん楽しんでいってください。」とコメント。

同作でジャズドラムに挑戦しているが、「ドラムの練習が始まったのは一昨年の7月頃。趣味でドラムを習っていたことがあって触ったことはあったのですが、ジャズドラムは初めてで、プロデューサーさんと三木(孝浩)監督、そしてドラムの先生と練習をすることになり、どのくらいできるのか見ていただくために叩いたんです。久々でしたし、監督と初めてお会いする日だったので、緊張して全然叩けなくて。帰り道、確実に千太郎役を降ろされたなと思いました。そこから知念君と連絡を取り合って、刺激を受けながら練習をしていました。」と振り返った。

イベント終盤では、薫と千太郎が演奏する曲から、アート・ブレイキーの『モーニン』のワンフレーズを知念さんと中川が披露。「(舞台挨拶中)ずっとドラムが目に入っていて…。ちょっとだけですよ。」と言いながら緊張した面持ちでこの日のためのスペシャルアレンジでパフォーマンスし、さらに、2/16に誕生日を迎える小松に『ハッピーバースデー』の曲も演奏、特製ケーキと共にサプライズでお祝いをした。無事成功し安堵しつつ、「知念君とは半年以上ぶり。撮影を思い出します。(知念さんと)目が合うたびにキュンキュンするんです(笑)。」と楽しげに語っていた。

映画「坂道のアポロン」は、3/10(土)公開!
ぜひ劇場でご覧ください。

pagetop

page top