shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「坂道のアポロン」完成披露試写会!

小松菜奈出演映画「坂道のアポロン」の完成披露試写会が2/5(月)都内で行われ、監督・キャストと共に小松が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

小松は、千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて小松は、「やっと皆さんに観ていただけるということですごく嬉しくて、ドキドキワクワクしています。佐世保で春と夏の間に撮ったので、すごく気持ちがよくて、大自然の中で伸び伸びと撮影をしてきました。愛のある現場で、毎日楽しくて、この時間が終わってほしくないと思うような日々でした。」とコメント。

薫を演じる知念さんと千太郎を演じる中川のセッションのシーンは同作の見どころにもなっているが、練習から間近で見ていた小松は、「練習の時はふたりとも初共演だったこともあって緊張していて、私もドキドキしたのですが、佐世保に行って撮影が始まると、顔が活き活きとしてとても楽しそうで、自分もそこに入りたい気持ちになりました。ふたりの視線が熱くて、でも時にイチャイチャしていて、なんだこれは!?っていう時もありましたが(笑)。そこがふたりの良さというか、お互いに高め合って良いものにしているんだというのが伝わってきて、自然と涙が出るセッションシーンでした。素晴らしかったです。」と絶賛した。

この日は、薫と千太郎が演奏する曲から、アート・ブレイキーの『モーニン』のワンフレーズを知念さんと中川が披露。この日のためのスペシャルアレンジでパフォーマンスし、大きな歓声があがった。
その後、2/16に誕生日を迎える小松に知念さんと中川が『ハッピーバースデー』の曲も演奏。特製ケーキと共にサプライズでお祝いされると、「今の状況が分かりません。嬉しすぎます。」と満面の笑みを浮かべていた。

映画「坂道のアポロン」は、3/10(土)公開!
ぜひ劇場でご覧ください。

pagetop

page top
profvest.com

Нашел в интернете классный портал , он описывает в статьях про купить диплом http://www.all-diplomas.com/diplomy-sssr