shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「そらのレストラン」出演決定!

岡田将生が2019年初春公開予定の映画「そらのレストラン」に出演することが発表された。

同作は、「しあわせのパン」(2012年1月公開)、「ぶどうのなみだ」(2014年10月公開)に続く、“食”と“人”をテーマに描いた北海道映画シリーズの第3弾。
北海道・せたな町を舞台に、牧場を営みながらチーズ作りに奮闘する主人公とその家族、そして仲間たちとの絆が紡がれる。

北海道せたなで暮らす亘理(わたる・大泉洋さん)と妻のこと絵(本上まなみさん)と一人娘の潮莉(しおり)。
彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。
しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。
そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。
そこに東京からやって来た牧羊を営む若者 神戸(岡田)も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。
そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名ビストロのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

「神様のカルテ」シリーズや「トワイライト ささらさや」の深川栄洋監督がメガホンをとり、「しあわせのパン」、「ぶどうのなみだ」に続き大泉洋さんが主演を務める同作。
撮影は昨年9月の秋編、先月1月に行われた冬編のロケを経てオールアップを迎えており、撮影を振り返り岡田は、「北海道映画シリーズにまさか参加させて頂けるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです。羊飼いの神戸役を、北海道の雄大な大自然のなか伸び伸びと演じさせて頂きました。人々の友情や食の大切さであったりを、現場で間近に感じる事ができました。大泉さんとは凄く久々に共演させていただき、笑いが絶えない現場を深川監督の下、毎日現場に行くのを楽しみながら充実した撮影ができたと思っています。温かいヒューマン映画をぜひ期待して頂きたいです。」とコメントを寄せた。

映画「そらのレストラン」は、2019年初春全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

pagetop

page top
link best-cooler.reviews

www.ry-diplomer.com

виагра стоимость