shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「来る」出演決定!

小松菜奈が2019年公開予定の映画「来る」に出演することが発表された。

原作は、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)。“得体のしれない脅威”が忍び寄る、王道の恐ろしさを持ち合わせながらも、「今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる」という“人間の怖さ”も持ち合わせ、それが見事にリンクした二重の恐ろしさを持つ作品として高い評価を受けた。

同作でメガホンをとるのは、『嫌われ松子の一生』や『告白』で人間の闇をエンターテインメントに昇華させてきた、日本映画界の鬼才・中島哲也。中島監督は、原作小説を読んですぐに「映画化したい」と快諾し、1年以上にわたり脚本を執筆。気鋭の劇作家・岩井秀人も共同脚本として参加、企画・プロデュースに『悪人』『モテキ』『君の名は。』等、数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気を迎え、原作の魅力はそのままに、中島監督でしか撮ることのできない映画の企画が立ち上がった。

愛する妻・香奈(黒木華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らます田原秀樹(妻夫木聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。
チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターの野崎(岡田准一)と、その恋人で強い霊感を持つ比嘉真琴(小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
そしてついに“それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・琴子(松たか子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。
クリスマスの夜。「…来る」、琴子が告げ、遂に“それ”との戦いが幕を開けるー。

出演にあたり小松は、「中島監督とは私が女優として映画初出演の「渇き。」以来になります。再び中島監督とお仕事出来ることは嬉しさと怖さがあるのは正直な気持ちです。今回私が演じる真琴は、一風変わったキャラクターですが強さと弱さ、正義感、女性らしさを兼ね備えたとても人間味ある人だと思いました。また内面の役作り含め、今回はビジュアルも監督はじめスタッフの方々と相談しながら作りあげたので、現場に入って監督、共演者の方々と共存する中でどんな真琴が生まれるか今からワクワクします。そして、真っ直ぐぶつかっていきたいと思います。」とコメントを寄せた。

映画「来る」は、2019年全国東宝系にてロードショー。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

pagetop

page top
www.iwashka.com.ua/katalog-tovarov/razvitie-malysha/prorezyvateli-i-pogremushki/

buysteroids.in.ua/inekczionnyie-anabolicheskie-steroidyi/testosteron/sustamed.html

также читайте