shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

廣瀬智紀 ファンイベント「煌々星~明けの明星~」開催!

廣瀬智紀が、3/4(日)東京・日本橋三井ホールにてファンイベント「煌々星~明けの明星~」を開催した。

同イベントは、廣瀬自らが書いた脚本による朗読劇や歌披露、様々なお題にチャレンジするコーナーなど、自身のアイディアをふんだんに盛り込んだファンイベント。プライベートでも親交のある石毛元貴さんをMCに迎え、来場者と共にスペシャルなひとときを楽しんだ。

第1部終了後にマスコミ向けの囲み取材が行われ、「去年に引き続き2回目となるソロイベントを、このような大きな場所で行うことができて幸せです。ファンの方と交流できる機会はあまりないので、こういう時間を大切にしたいと思います。」とコメントした。

また、第1部を振り返り、「今回は2回目のイベントということで、イベントの感じが分かってきたこともあり、演目自体も自分発信でスタッフさんと一緒に作っていきました。朗読劇は、応援してくださる皆さんになんとかお届けすることができて良かったと思います。また、サプライズで(舞台「弱虫ペダル」で共演した)郷本直也さんと鈴木拡樹さんが出演してくださいました。最後、来てくださった皆さんをお見送りした時に“舞台『弱虫ペダル』から応援しています”と言われていた方がたくさんいらっしゃったので、自分もより嬉しかったですし、なにより忙しい中、ゲストとして来て下さってとても幸せでした。また、和田琢磨さんからサプライズのメッセージもいただき、嬉しかったです。」と笑顔で話した。

イベントで特にこだわった部分を聞かれ、「自分が役者として何かを残す、発信するイベントを作りたいと思っていてー。その一つとして朗読劇をやらせていただきまして、こだわりの一つが達成できたかなと思います。」と答えた。

昨年の11月から今年2月まで劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月~下弦の月~に出演した廣瀬。同作の経験を経て、「自分で言って良いことか分かりませんが、『髑髏城の七人』を終えて、むけた皮はあると思います。足りないものも見えてきましたし、実力をもっとつけた上で舞台の上に立つ、映像の世界でもお芝居ができるようになれたらなと。基本的には変わりませんが、一歩一歩目の前の作品を一生懸命やっていきたいです。」と抱負を語った。

その後行われた第2部では、ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』で共演した相葉裕樹さんがサプライズゲストとして登場。当時のことや、お互いの印象など語られた。さらに、『髑髏城の七人』Season月で共演した宮野真守さんからのビデオメッセージが流れ、「『髑髏城の七人』で僕はとくかく必死に喰らいつくしかなくて、カンパニーのみんなはそんな僕に優しくしてくれた。みんなで戦ったチームなんです。そのトップに宮野さんがいて、背中を見ながらも肩を並べて演じさせていただけたことはすごく幸せなことでしたし、みんな大好きです。」と熱い思いを語っていた。

----------

◆廣瀬智紀ファンイベント「煌々星~宵の明星~」
【日程】
4/8(日)
一部:開場12:30/開演13:00
二部:開場16:00/開演16:30

【会場】
大阪ビジネスパーク円形ホール

【お問い合わせ】
キョードーインフォメーション
TEL.0570-200-888(10:00~18:00)

pagetop

page top