shadow

prev

next

ニュースNEWS

WEB

横浜流星 ドラマ「彼氏をローンで買いました」大ヒット祈願イベント!

横浜流星出演、dTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」大ヒット祈願イベントが3/8(金)に行われ、真野恵里菜さんとともに横浜が登壇した。

同作は、野島伸司さんが描く“現代女性のリアル”をテーマにした物語。エリート彼氏と結婚をして専業主婦になるという夢を持つ受付嬢の主人公が、夢を叶えるために、猫をかぶりながら社会で奮闘するも、ストレスフルな毎日に不安をおぼえ、ストレス発散用に月額39,800円のローンで彼氏を“購入”したことで動き出す心模様を描きだす恋愛ドラマで、大胆な設定の下で、女性たちの皮肉に満ちた本音が繊細かつ赤裸々に描かれるそのストーリー展開は、まさに“現代に生きる女性のリアル”を代弁している。そして、野島伸司作品の特徴として注目される物語のラストは必見。視聴者の想像を超えるまさかの展開ながら、現代女性ならではの主人公の選択に多くの女性が「納得」できる内容になっている。

横浜は、主人公・浮島多恵のストレス発散用として、月額39,800円で購入されるローン彼氏・刹那ジュンを演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した横浜は、「皆さん、本日はお足元が悪い中お越しいただきありがとうございます。1話、2話を観ていただいて、続きが気になる展開で終わったと思うので、どんな感想を持っていただいたのかすごく楽しみです。短い時間ですが、楽しんで帰ってもらえるように頑張りたいと思います。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

自身の役柄について、「ジュンは借金を抱えていて、その借金を多恵が肩代わりしてくれる代わりに、ストレス発散用として使われるローン彼氏という設定なんですけど、わりとお調子者の男の子です。」と紹介。1話・2話の中で印象に残っているシーンについて聞かれ、「男たちが借金額を首から下げて上裸で並んでいるシーンは、現実世界で考えたらやばいなと思って、衝撃を受けました。あとは、受付嬢3人の会話も、女性って普段こんな話しているのかなと怖くなりました。」と語った。

イベントでは“猫をかぶる”がテーマの本作にちなみ、「猫かぶり度」を測る心理テストに挑戦するコーナーも。横浜は、猫かぶり度“中”の“そこそこ猫かぶり。時と場合を見ながら自分をさらけ出すかどうか決める少しずるいタイプ”と診断されていた。

さらに、事前に観客がヒット祈願のメッセージを書いた特大絵馬パネルが登場し、“ローンでも流星くんみたいな彼氏が欲しい”というメッセージに「じゃあ、買ってください!」と笑顔を浮かべた横浜。自身も『沢山の方に“彼ロン”が届きますように。PS.猫かぶりはほどほどに(笑)』と書き込み、ドラマのヒットを祈願した。

最後に、「多恵が猫を被ってエリート彼氏を手に入れるのか、猫をかぶらずに(序盤の段階では)最低のローン彼氏を手に入れるのかを見届けてほしいです。ぜひいいなと思ったら、SNSで拡散お願いします。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

ドラマ「彼氏をローンで買いました」は、dTV&FODで好評配信中!
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
大手外資系商社キャピタルホールディングス東京で毎日笑顔を張り付けながら、受付として働く“浮島多恵”には、同じ会社に付き合って1年になる彼氏“白石俊平”がいる。彼は非の打ち所のなく将来有望な彼氏だが、彼と結婚するために、日々“猫”をかぶり本音を言えない多恵であった。ある日、かつて伝説の受付嬢と言われ、誰もがうらやむようなエリートと結婚をした先輩“南場麗華”と再会するも、“猫”をかぶることに限界を感じ本性を出してしまい、シングルマザーとなったことを聞き、その変貌ぶりに驚くのだった。昔の恋愛について赤裸々に語り出す姿を聞き、多恵の未来を暗示するようでもあった。そんな中、多恵は俊平の浮気に気づいてしまったことを麗華に相談すると、“猫”をかぶらず、自分をさらけ出せる彼氏を月額39,800円でローン購入することを提案され、勢いに乗って購入したローン彼氏“刹那ジュン”が段ボールに入って届くのだった…。
“猫”をかぶって最高のエリート彼氏を手に入れるか
“猫”をかぶらず最低のローン彼氏を手に入れるか
多恵が選ぶ幸せの道は、きっとあなたを「そうきたか。」と思わせる

pagetop

page top
читать далее www.nl.ua

Наш важный сайт со статьями про Лечение в Европе.
www.askona.ua/matrasy/category/lateksnue-matrasy/