shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「坂道のアポロン」初日舞台挨拶!

中川大志出演映画「坂道のアポロン」が3/10(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

中川は、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられる、薫のクラスメイト・川渕千太郎を演じている。

舞台挨拶にて中川は、「ドラムの練習を含め、この作品と共に過ごした時間が長くて、その分思いは強いです。今日初日を迎え、皆さんのもとにこの映画が旅立っていくと思うと感無量です。この映画を愛していただけたらと思います。本当にありがとうございます。」とコメント。

同作が、運命を変える一生ものの友情、恋、音楽との出会いにキャラクターたちが動き出していく作品になっていることから、“自身の一生ものだと思うものは?”という質問を受け、「役者との出会いというか、このお仕事と出会ったことだと思います。10歳の時に原宿の竹下通りを父親と買い物をして歩いていたら、急にスーツを来た男の人から父親が話しかけられて、その人が事務所のマネージャーさんでした。あの日・あの時間に僕があの場所にいなければ声をかけられることはなかったと思いますし、皆さんと並んでここにもいない、(客席を見て)そして皆さんとお会いしていなかったんだろうなって考えると、あの日の一瞬のことは奇跡というか、スカウトがなければ僕の人生は全く違うものになっていたのかなと思います。役者というお仕事とか、映画を作ることはすごいことで、それこそ映画も一生ものなのかなと。この映画に携わった人が全員死んでしまっても、誰かがこの映画を観て心が動くかもしれませんし、そうやって作品というのは残っていくもの。その中に自分がいるというのは、すごいお仕事だなと改めて考えました。」と語った。

映画「坂道のアポロン」は、現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

pagetop

page top
подробнее www.220km.com.ua

source best-cooler.reviews

складной нож купить