shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

七木奏音 ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~公演スタート!

七木奏音出演ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~が、3/9(金)日本青年館ホールで開幕した。

同作は、全世界で2億ダウンロードを突破した中国発の大人気ゲーム、本格幻想RPG「陰陽師」を舞台化し、中国で本公演を行うという新たな試みに挑む。音楽、ダンス、映像技術などを駆使し、人と妖が共存する幻想世界を表現する絢爛豪華な舞台となっている。

その男は記憶を失っていた…。
己の名は「晴明」。自らは「陰陽師」であり、都を守りぬかねばならない。
それ以外のことは何も覚えてはいなかった。
同じく記憶なくした謎の少女「神楽」、晴明の式神だという「小白」
三人は悪鬼を打ち倒し、記憶を取り戻そうとするのであった。
世は平安。
これは人と妖(あやかし)が共存していた時代の物語である。
陰界に属する魑魅魍魎は、都の人々の闇に潜み機会を伺い、陽界の秩序は危機に晒されていた。
しかし幸いなことに、この世には天文を読み解き呪術を操るだけでなく、陰陽二つの世界を自在に行き来する異能者がいた。
そんな彼らを世の人々は敬意をこめて「陰陽師」呼ぶ。
稀代の陰陽師と称される「晴明」は仲間たちと共に陰陽二つの世界の均衡を保つための戦いをはじめる。

雪女を演じる七木は自身の役どころについて、「陰陽師黒晴明に仕える式神のひとりで、人間の感情や温度を感じることが出来ない、全てが冷たい雪女です。唯一そんな雪女を怖れずにその冷たさを溶かしてくれた黒晴明様への忠誠心を感じて頂けたら嬉しいです。また、原作の雪女は常に空中に浮いているので、「私は今ふわふわと浮いているんだ」と意識して演じています。」とコメント。

これからご来場いただくお客様へ向けて、「豪華絢爛という言葉がぴったりな、全キャストが出るシーンでは舞台上がキラキラと輝き目が足りないくらいの作品となっていると思います。1曲1曲、1シーン1シーンを、それぞれが大切に演じ次のシーンへと繋げていく。そんなカンパニーで作り上げていく陰陽師という世界感を是非、生で体感して頂きたいです。」とメッセージを送った。

ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~は、3/18(日)まで、日本青年館ホールでのプレビュー公演を皮切りに、中国(深セン、上海、北京)にて本公演を上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!

■ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~
【プレビュー公演(東京)】
日程:3/9(金)~3/18(日)
劇場:日本青年館ホール
★お見送り決定!
日程:3/15(木)19:00
お見送りキャスト:佐々木喜英/矢田悠祐/七木奏音
※対象公演のチケットをお持ちの方に限ります。お見送りのみの参加はご遠慮ください。

【本公演(中国)】
<深セン>
日程:3/30(金)~4/1(日)
劇場:深セン保利劇院
<上海>
日程:4/7(土)~4/15(日)
劇場:虹橋芸術センター
<北京>
日程:4/20(金)~4/22(日)
劇場:北京展覧館劇場

公式サイト:

(敬称略)

pagetop

page top