shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「ちはやふる -結び-」初日舞台挨拶!

佐野勇斗出演映画「ちはやふる -結び-」が、3/17(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に佐野が登壇した。

“競技かるた”を題材にした少女コミックスにも関わらず、年代や性別を超えて幅広い共感を集め、累計2100万部を超える国民的大ベストセラーとなった「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)。2016年には2部作([上の句] [下の句])として実写映画化され、200万人を超える観客動員数を記録。そして前作公開から2年が経つ3/17(土)には、三作目にして完結編となる『ちはやふる -結び-』が、公開される。

佐野は、今作より登場する、瑞沢高校・競技かるた部に入部した新入生・筑波秋博役を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶には総勢12名が登壇。舞台挨拶で“卒業したくないことは?”と聞かれた佐野は、「カロリー」と回答。登壇陣から“どういうこと?詳しく教えて!”とツッコミが入る中、「僕、ハンバーガー、アイス、ピザとか(食べ物の)カロリーがすごく好きなんです。でもそろそろ20歳になるので、カロリーを摂ると顔がカロリーのせいでパーンとなるので、いろいろな人にカロリーやめなって言われるんですけど、カロリーは卒業したくないです(笑)」と話し、会場を笑いに包んだ。

終盤にはサプライズで、小泉徳宏監督から出演者に卒業証書の授与とメッセージが贈られる一幕も。監督からの「あなたは撮影中ずっと悩んでいましたね。そういう姿をずっと見ていました。でも君の明るさには現場で何度も助けられました。まだまだ伸びしろがあると思います。これからも頑張ってください。あなたは「ちはやふる」の全過程を卒業したことを証する。」という言葉を贈られ、佐野は感無量の様子だった。

映画「ちはやふる -結び-」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
いつも一緒に遊んでいた、幼なじみの千早・太一・新(広瀬すずさん、野村周平さん、新田真剣佑さん)。家の事情で新が引っ越してしまい、離ればなれになってしまうが、高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作った。
「新に会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」
創部一年目にして、全国大会に出場した瑞沢かるた部だったが、千早は個人戦で史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを部員たちと誓った。
あれから二年―、かるたから離れていた新だったが、千早たちの情熱に触れ、自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早と戦うことを決意する。
一方、新入部員が入り、高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部だったが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。
動揺と悲しみを隠せない千早…。
千早、太一、新は、再びかるたで繋がることができるのか?
今、一生忘れることのない最後の夏が始まる。

pagetop

page top