shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

清原翔 NHK連続テレビ小説「なつぞら」出演者発表会見!

清原翔が、平成31年(2019年)度前期、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(北海道 十勝編)に出演することが発表され、4/26(木)NHKで行われた出演者発表会見に清原が出席した。

連続テレビ小説100作目にあたる本作は、脚本家・大森寿美男さんによるオリジナル作品。
戦争で両親を失った少女・奥原なつ。彼女を癒やし、たくましく育てたのは──北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちだった。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジしていく。
戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台にまっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマを描く。

清原は、なつが引き取られる柴田家の長男・柴田照男を演じる。
父に似て、真面目で責任感の強い男の子。跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、要領が悪く、なつにいつも先を越される。泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。

会見にて清原は、「こうしてこの場に立てていることがとても不思議で幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者の皆さんにいろいろなことを教わって吸収して、照男と一緒にこの作品の中で成長していきたいと思っています。愛されるキャラクターを目指して一生懸命やらせていただきます。よろしくお願いします。」とコメント。

記念すべき100作目となる連続テレビ小説への出演に、「僕はまだ演技を始めてからそれほど経っていませんが、今回オーディションを受けて選んでいただいて、本当に運が良いといいますか、これからがんばらないといけないなと思っています。でもそんなに怖がらずに演技に向き合っていきたいです。」と笑顔を見せた。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」は、2019年4月放送開始。
ぜひご期待ください!

pagetop

page top