shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

本田翼 「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」出演!

本田翼が、5/19(土)幕張メッセで行われた「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」に出演した。

GirlsAwardは、年2回『渋谷からアジアへ。そして世界へ。』というスローガンの下、音楽にイマジネーションを与えるファッションの力、ファッションのポテンシャルを引き出す音楽の力といった影響し合うふたつの世界を混ぜ合わせ、お互いの魅力を最大限に引き出す演出で新しい形の融合が楽しめる、日本最大級のファッション&音楽イベント。

本田は大人気女性ファッション誌『non-no』と、オフィスではちょっとオシャレに、オフではもっと華やかに楽しみたい女性をターゲットとし、“Tokyoリアル”をコンセプトに新たなスタイルを提案していく「Two Faces」のスペシャルステージに登場。ランウェイでは、イベント当日に発売された7月号をもって、8年間務めた『non-no』専属モデルから卒業する本田に向け、“翼LOVE”と書かれたボードで埋め尽くされた。

ノンノモデルとして最後のランウェイを歩いた後、センターステージで本田の卒業式を敢行。“8年間お疲れ様でした”という言葉と共に花束を受け取ると、「本当にありがとうございます。みんなが“翼LOVE”というボードを出してくれているのを見て、感動しました。」と涙を流しながら話した。

さらに、「私が『non-no』の専属モデルになった時、田中美保ちゃんと一緒に撮影できたことが嬉しかったですし、思い出に残っています。最後の撮影では表紙を撮りながら涙が出てきてしまったり、厳しいことも楽しいことも経験してきた場所なので、インタビューを受けている時にいろいろな思いがこみ上げてきました。」と同誌の思い出を語った。

そして、「まずは、このような場所を用意してくださって、スタッフの皆さん、ノンノモデルの皆さん、ありがとうございます。そして会場の皆さん、ボードを掲げてくださってありがとうございました。こんな素敵な卒業式を味わうことができて幸せです。これからもモデルとしても女優としても頑張っていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。」と思いを伝えた。

「non-no」ステージは通常、“ノンノ!”“大好き!”というコール&レスポンスで締めるのが恒例だが、この日は“ばっさー(本田の愛称)”“大好き!”という掛け声で締めくくられた。本田は、「それ聞いてない!」と言いながらも感謝し、涙と笑顔でステージは終了した。

今回で17回目を数える同イベントは、3万3千人が来場し“MATSURI JYOSHI”をテーマに約7時間に渡って開催。
華やかな夏も待ち遠しいこのタイミングに、モデルやアーティストたちが、花火のようにキラキラ輝くファッションと音楽でイベントを盛り上げた。

本田は、映画、TV、CMなど、幅広く活動中。
今後の活躍にもぜひご期待ください!

pagetop

page top