shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」出演決定!

窪田正孝が8月公開の映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」に出演することが発表された。

同作は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る看板コミック「銀魂」の映画化。パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を営むちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に巻き起こる事件を描いた痛快アクションエンターテイメントとなっている。

昨年7月に公開された映画「銀魂」は、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する大ヒット。
今回映画化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの"将ちゃん"が登場、最も笑える「将軍接待篇」を融合したものとなっている。

物語は、前作同様かぶき町の便利屋<万事屋銀ちゃん>を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先で天下の将軍様と遭遇する羽目に…!
同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのか―

窪田は、音楽プロデューサーという表の顔を持ちながら、高杉晋助率いる武装集団・鬼兵隊に所属する裏の顔を併せ持つ河上万斉を演じる。ヘッドホンにサングラス、ロングコートを着こなし、背中には三味線を背負うという独特なスタイルで、同作のキーパーソンとなる人物だ。

出演にあたり窪田は、「「銀魂」はギャグとシリアスな部分の融合性がとても新しく、原作特有なことですが、映画では他にはなかなかないものだと感じていました。その「銀魂2」への参加はとても大きなプレッシャーはありましたが、やらせてもらうからには楽しもう、と自分に出せるものをすべて出してこの万斉役に挑みました。」とコメント。

撮影について、「これまでにもアクションは多くやってきましたが、「銀魂」の殺陣は独特で“間合い”をつかむのが難しかったです。また小栗(旬)さんは身長も高く、手も長いのでリーチやエリアがとても広いんです。そこにも苦戦しましたが、演じるにつれて銀時と万斉の“気持ちがぶつかっていく”ことにつながったと感じました。福田(雄一)監督とは初めてご一緒しましたが、演出は一度だけ、サングラスを持ち上げる演技で「それは人差し指1本のがいい」と言われました。」と振り返った。

そして最後に、「「銀魂2」は流れるような面白さがあって、たくさん笑えてたくさん泣けて、でも最後にはぐっと締まるような作品。「銀魂2」を楽しみにしていた方はもちろん、初めて「銀魂」を観る方でも思いっきり楽しんでいただけると思います。」とメッセージを送った。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8/17(金)公開。
ぜひご期待ください!

pagetop

page top
www.panchira-gazo.biz

У нашей фирмы нужный web-сайт , он описывает в статьях про ситроен с 4 https://citroen.niko.ua/models/citroen-c4-new_7/
вывоз мусора киев