shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「虹色デイズ」公開記念舞台挨拶“虹色 七夕祭り”!

中川大志主演映画「虹色デイズ」の公開記念舞台挨拶“虹色 七夕祭り”が7/7(土)丸の内ピカデリーで行われ、監督・共演者らと共に中川が登壇した。

同作は、“男子の本音がわかっちゃう”No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)を映画化。ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の[友情]と[恋]がギュッとつまった、胸がときめく感動青春ストーリーとなっている。

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川)、秀才で超マイペース なオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な 仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、 4人の日常に変化があらわれ…?!

上映後に行われた舞台挨拶に浴衣姿で登場した中川は、「僕たちも本当に青春して楽しんで作り上げた映画です。皆さんにも盛り上げていただいて、たくさんの方に広がっていったら良いなと思っています。今日はありがとうございます。」と挨拶。

その後、七夕にちなんで、短冊に願い事を書いて発表することに。「恋する皆に虹がかかりますように。」と書いた中川は、「書いた後にみんなの書いている短冊を見たら、僕だけちょっとテンションが違って恥ずかしくなったのですが(笑)、つらい事とか過酷な事があっても、雨が降ったあとに虹が架かるように、そのつらい時間も良かったと思えるような、皆さんにとって良い終わり方を迎えてほしいと思って書きました。」と語った。

イベント中には、映画公開を記念して、虹色(7色・7枚)瓦割りに主演の4人が挑戦する一幕も。見事に全員が全ての瓦を割り、「(全ての瓦を割ることが出来て、)僕達が1番ビックリしていると思います(笑)。でも、気持ちが良かったです。爽快感がありますね。」と笑顔を見せた。

映画「虹色デイズ」は大ヒット上映中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)

pagetop

page top
узнать больше

https://medicaments-24.com

webterra.com.ua/lechenie-ot-virusov/